EDGの今後の将来性とEDGが購入できるおすすめの取引所

EDG

EDGの概要

通貨名称 EDG(エッジレス/Edgeless)
最大発行数 約1億3200万枚
公開日 2017年2月
公式サイト https://edgeless.io/
ホワイトペーパー

EDGの特徴や目指しているもの

EDGは、イーサリアム(ETH)を用いた分散型オンラインカジノ「Edgeless」上で使用されるトークンです。Edgeless上では全てのゲームがイーサリアムのスマートコントラクトによりコントロールされているので、第三者の介入なしに不正が排除されます。その他にも控除率0%で即時支払いなど、従来のオンラインカジノにはないメリットが多数あります。

オンラインカジノの現状と問題点

オンラインカジノのUltimateBet.comは2008年10月、同サイト上で2005年から2008年にかけてセキュリティホールを突いたチート行為が行われていたことを発表しました。

フォーラムに一部のプレイヤーがオンラインポーカーで以上に高い勝率を記録していることを怪しむ投稿がなされたことをきっかけに調査が進められ、カジノの親会社であるTokwiroの詳細な調査の結果、社員が不正に関わっていることが発覚しました。

このような不正は一部のオンラインカジノに限ったものではなく、CasinoBarでは不正なソフトが使われていましたし、日本人向けとしてオープンしたお台場カジノは、2009年に多くの未払いを残したまま突然閉鎖しました。

現在はこうした不正対策は十分進められているとオンラインカジノは主張していますが、プレイヤーはそれが真実であると確かめられないのです。

結局、プレイヤーにできることは、幾つかのオンラインカジノの中から最も信頼できそうなところを選ぶことだけです。もちろん、それでも完全に不正を避けられるわけではありません。こうした不正、あるいは不払いのリスクは、現状著名なすべてのオンラインカジノと切っても切り離せない問題です。

控除率の存在は無視できない

また、オンラインカジノはそれぞれ自らの利益のためにプレイヤーが掛け金に対する運営の取り分(控除率)を設定しています。掛け金100%から控除率を差し引いたものを還元率といい、控除率が低く、還元率が高いほうがプレイヤーには有利になります。

オンラインカジノの控除率は1~5%程度です。カジノごとに違いますし、同じカジノであってもゲームごとに違います。一般的にスロットマシンやルーレットは控除率が高く、バカラやブラックジャックは低く設定されています(ただし、バカラやブラックジャックは「正しい戦略をとった場合の控除率」が低いのであり、間違った戦い方をすれば上昇します)。

控除率1~5%という数字は、日本の宝くじの55%前後、公営競技の20~30%、パチンコの10~15%前後と言った数字と比べるとかなり良心的ですが、それでも試行回数が増えれば損失が出る可能性は無視できなくなります。Edgelessはこうした現状のオンラインカジノが持つ問題点の多くを改善する、分散型カジノです。

公平で安全、控除率0%の分散型カジノを目指すEdgeless

Edgelessは、イーサリアム(ETH)のスマートコントラクトを活用することによって、公平・安全を実現した分散型カジノです。分散型カジノとは簡単に言えば、中央管理人(運営会社)が存在しないカジノです。Edgelessは運営会社の都合ではなく、スマートコントラクトによって自動的に運営されます。

スマートコントラクトとは、契約を自動化するシステムです。契約の内容と、それが実行される条件を予め定義しておくと、その条件が満たされた時に自動で契約が実行されるという仕組みです。この仕組みは信頼ができない第三者とも安全に契約ができる仕組みとして注目を集めており、さまざまな分野での活用が期待されています。

また、運営が存在しないため、基本的に控除率も0%、つまり還元率は100%となります。長期的にやれば必ず負けるオンラインカジノが繰りかえし遊んでも勝てるものになったのです。

プレイヤーのミスを原資とするゲームもプレイできる

ただし、控除率が0%というのは、プレイヤーが常に最善の振る舞いをしたときの数字です。Edgelessによれば、平均的なプレイヤーは概ね1.43%の確率でミスを起こし、そのミスは控除率を0.83%引き上げます。このミスによるプレイヤー側の損失=運営側の利益は積み立てられ、その40%がエッジレスラウンジというゲームの賞金としてプールされます。

EDGを保有していると、エッジレスラウンジで開催される抽選に参加できます。毎月28日に抽選がスタートし、2分後には受賞者が発表され、プールされた賞金を獲得します。EDGはエントリーチケットとして使用されますが、この抽選で失われることはありません。

高い匿名性と即時換金を実現

Edgelessは仮想通貨を用いたカジノであるため、取引・出金の匿名性は常に保たれます。換金に係る時間も早く、事実上の即時換金が可能です。換金時にも手数料はかかりません。仮想通貨を使用しているEdgelessならではのメリットと言えます。

筆者が考えるEDGの今後の将来性

現時点では、多少の将来性はあると見ています。Global Gaming Outlookによれば、2015年時点でのカジノ&オンラインカジノ市場規模は日本円換算で17兆8300億円で、前年度比で約8%増加しています。この成長は今後も暫く続くものと見られており、その成長に乗るEdgelessにも期待できます。

ただ、現状では似たようなプロジェクトが多数存在しているため、その競争に勝ち抜かなければなりません。類似したサービスを提供するライバルに、どのように勝っていくのかが今後の課題と言えそうです。

EDGが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

EDGが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから