DPの仕組みや特徴、今後の将来性をわかりやすく解説 !

DPの仕組み・特徴・将来性を解説

DPの概要

通貨名称 DP(Digital Price)
最大発行数 1億枚
公開日 2014年10月
公式サイト https://digitalprice.org/
ホワイトペーパー https://digitalprice.org/wp-content/uploads/2018/06/DigitalPrice_Whitepaper.pdf

DPの特徴や目指しているもの

DP(デジタルプライス)は、マスターノードが最大66%の報酬を得られるPoS型仮想通貨です。マスターノードになるための条件は2万5000DP以上をロックすることで、その見返りとしてブロック報酬の66%を受け取れます。

DPはScrypto.ioという優れたプロジェクトを有しており、高速かつプライベートな取引を提供します。

PoSシステム

DPはコンセンサスアルゴリズムにPoS(Proof of Stake)を採用しています。コンセンサスアルゴリズムとは、簡単に言えば記帳に関するルールです。もっと具体的に言えば、ブロックチェーンにおいて非常に重要である記帳作業、つまりはブロックを生成する作業(マイニング)をする権利を誰に与えるか、についてまとめたものです。

コンセンサスアルゴリズムにはPoSの他にもPoW(Proof of Work)やPoI(Proof of Importance)などがあり、それぞれに長短所があります。

最もメジャーなのはPoWであり、ビットコインを筆頭に多くの仮想通貨で採用されています。これは計算を最も早く解いたものにマイニングの権利を与える仕組みです。世界で同時にある計算を行い、最も早く解いた1名だけがブロックを生成できます。

PoWはハッキング耐性に優れている半面、電力消費量が多く、計算競争に勝つためには高価なコンピュータが必要となるため、マイニングの寡占化を招きやすいという欠点がありました。

これを改善するために開発されたのがPoSです。PoSは仮想通貨の保有量に応じてブロックを生成する権利を振り分ける、という仕組みです。例えば10万DP持っている人と100万DP持っている人では、後者のほうが10倍権利を受け取れる確率が高くなります。

PoSのメリットは、電力消費量が少なく、高価なコンピュータを必要としないことです。PoSは自動的に権利を割り振るため、無駄な電力消費もなく、性能の低いコンピュータでもブロック生成ができます。そのためマイニングの寡占化が生じづらく、総じてPoWよりは公平な仕組みと言えるでしょう。

ブロック生成時間は120秒(2分)で、ビットコインの5倍早いです。新しいブロックが生成されるたびに、25DPのブロック報酬が発生します。

インスタントセンド

インスタントセンドとは、ごく少数の手数料を支払うことによって、取引を即時化するサービスです。このシステムによって行われた取引は、前述の方法によって選ばれたマスターノードのチェックを経て承認されます。

プライベートセンド

プライベートセンドは、通貨のやり取りの一部を匿名化する機能です。匿名通貨の代表格でもあるDASHでも採用されている仕組みです。

複数人の送金情報をよくかき混ぜてから受取人のもとに送金することによって、誰が誰に支払ったのかをわからなくするというものです。

ビットコインやライトコイン、ビットコインキャッシュなどの主要な仮想通貨は、取引記録がすべて公開されるため匿名性にかける一面がありますが、DPならばそれを覆い隠せます。

マスターノード

インスタントセンドやプライベートセンドの承認を行うためには、マスターノードになる必要があります。マスターノードになると、ブロック報酬の66%を受け取れます。マスターノードには原則として誰でもなることができますが、マスターノードで有り続けるためには、2万5000DPをロックし続ける必要があります。これはマスターノードが悪意のある行動をした場合に没収する担保のようなものです。マスターノードはこれを没収されないように善良に行動し、その結果としてブロックチェーン全体の健全性が保たれます。

2万5000DPを下回った場合、マスターノードの権利は解除され、また報酬も受け取れなくなります。

筆者が考えるDPの今後の将来性

現時点では、あまり将来性を感じません。マスターノードが多くの報酬を得られるという点以外に、これと言った特徴がないからです。このまま数あるPoS型仮想通貨として埋もれないためにはさらなる機能やマーケティングが必要ですが、現時点ではそれらを匂わせるものはありません。

DPが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに海外の仮想通貨取引所に上場されているため、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

DPが購入できる海外の取引所一覧

  • Cryptopia
0 0

この記事の共有はここから