DOTの主な使い道や今後の将来性、購入できる取引所まとめ

DOTの将来性・購入できる取引所まとめ

DOT(ドットコイン)の概要

通貨名称 DOT(Dotcoin)
最大発行数 8億9000万枚
公開日 2014年3月
公式サイト https://www.cryptopia.co.nz/Register?referrer=Coinwall
ホワイトペーパー

DOTの特徴や目指しているもの

DOT(ドットコイン)は、ニュージーランドの仮想通貨取引所「Cryptopia」上で使用される独自トークンです。主に取引手数料の割引や各種サービスの利用に使われます。現在、海外の仮想通貨取引所を中心に流行している「取引所トークン」の1つです。

Cryptopiaってどんな仮想通貨取引所?

Cryptopiaは、ニュージーランドのCryptopia社が運営している仮想通貨取引所です。バイナンスやPoloniexを大きく上回る、500種類以上の取扱銘柄数が最大の特徴です。国内はもちろん、主要な海外取引所でも殆ど見られないようなレアなコインも多数見られ、一攫千金のチャンスを探している草コイン愛好家に人気です。

反面、他の仮想通貨取引所に上場されないのは当然と言わざるを得ないようなScam(詐欺)コインも少なからず見られるため、総じてハイリスクハイリターンであると言わざるを得ません。

セキュリティも大手取引所に比べると不安な部分が多く、掲示板やSNSなどでは送金できないトラブルの報告が多く見られます。リスクを取ってでも大きなリターンを狙いたい、という人以外には、正直なところおすすめしづらい仮想通貨取引所です。

取引所トークンって何?

取引所トークンとは、仮想通貨取引所が独自に発行するトークンの総称です。日本ではZaifが、海外ではバイナンスやhuobi、Fcoinなどが発行しています。トークンは主に自社サービスを利用する際の決済手段として使われます(多くの取引所では、取引手数料の支払いにトークンを使用すると割引されます)。

トークンを買ってもらうことによって収益を増やしつつ、顧客を囲い込む効果があると考えられます。取引所の利用者が増えるとトークンの価値も上昇することから、売却益を得るためにトークンを保有している人も少なからず存在します。取引所もトークンの価値を上げるために、サービスの拡充や定期的な買い戻しを行うなどしています。

DOTの用途

DOTは他の取引所トークンと同様に、主に取引手数料の割引や、各種サービスの購入などに使われます。DOTの用途はCryptopiaが決めるため、今後利用できる対象が増えたり、減ったりする可能性は十分に考えられます。

筆者が考えるDOTの今後の将来性

現時点では、将来性はあまりないと考えています。他の取引所トークンと比べると、欠点が何かと多いからです。

最大の欠点は、Cryptopia自体が、他の取引所トークンを発行している取引所と比べるとマイナーな存在なことです。CoinmarketCapによれば、Cryptopiaの取引高ランキングは概ね70~80位前後です。常時トップ5に入っているバイナンスやHuobiと比べると、その知名度には大きな疑問符が付きます。

知名度が低いならばその分伸びしろも大きいのでは、と思われるかもしれませんが、現状ではその兆しは見えません。前述したとおり、Cryptopiaのセキュリティや送金システムには難点が多いからです。

取扱銘柄数が多いのは最大の長所ではありますが、それは審査がゆるいことと裏返しです。詐欺コインを掴まされるリスクを減らしたい、比較的慎重なユーザーは、より厳しい審査が行われているであろうバイナンスやHuobiなどを利用するはずです。となれば必然的にCryptopia内で使用されるDOTよりも、バイナンスで使用されるBNBやHuobiで使用されるHTの方が遥かに価値を持つはずです。

個人的には、DOTに投資するのならば、BNBやHTに投資することをおすすめします。

DOTが日本に上場する可能性

現時点で日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。Cryptopiaで買いましょう。

DOTが購入できる海外の取引所一覧

  • Cryptopia
0 0

この記事の共有はここから