DMTの特徴や将来性、DMTが購入できるおすすめの取引所

DMT

DMT(DMarket/ディーマーケット)の概要

通貨名称 DMT(DMarket/ディーマーケット)
最大発行数 約5600万枚
公開日 2018年2月
公式サイト https://dmarket.com/
ホワイトペーパー

DMTの特徴や目指しているもの

DMTは、異なるゲーム内のデータを売買するためのプラットフォーム「DMarket」上で使用されるトークンです。現状、ゲーム内の貴重なデータは非常に高額に、しかも効率の悪い形で売買されていますが、DMarketはそれをより安価で、効率的なものにします。

DMarketとDMTの仕組み

DMarketは、すべてのゲーム内に存在するデータを効率的に取引するためのプラットフォームです。DMarketには複数のゲームが接続されており、異なるゲームのアイテムも簡単に交換できます。交換の際にはDMTを使います。

例えば、あるゲームのアイテムaを別のゲームのアイテムbに交換する場合、これまでは(1)アイテム(a)が欲しい人を探して(2)法定通貨で売却(3)獲得した法定通貨でアイテム(b)を購入 という流れを踏む必要がありましたが、DMarket上では法定通貨の代わりにDMTを使うことができます。DMTは全世界共通のトークンなので海外の人とも簡単に取引できますし、従来のように業者が用意した手数料が割高なプラットフォームを使う必要もなくなるので、取引価格を安く抑えられます。

ゲーム開発者はAPIでゲームをDMarketに接続できる

ゲームの開発者は、Googleが提供するプログラムを部品化して外部サービスでも使えるようにしたもの(API)を使用すれば、自身が開発するゲームを簡単にDMarketに接続できます。接続すればそれだけ多くのプレイヤーが獲得できますし、その分だけ収益も増加することでしょう。

Steamとも統合済み

DMarketはVer2.0で世界最大のPCゲームのプラットフォームであるSteam(スチーム)と統合しています。SteamはPCゲームのプラットフォームであり、高いユーザビリティと活発なコミュニティ、豊富なゲームの種類で人気を集めています。

DMTの将来性

現時点では、それなりに将来性があるのではないかと考えています。リアルマネートレードというのはノンゲームプレイヤーにはなかなか理解しづらいものがありますが、データを熱烈に欲しがる人が一定数いることは間違いありません。DMarketは彼らが待ち望んでいたものであり、もし十分な流動性が実現できれば多くのユーザーが流れ込んでくることになるでしょう。

DMTが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

DMTが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから