DGPTの特徴や将来性、DGPTが購入できるおすすめの取引所

仮想通貨の相続ができるDGPTを解説

DGPTの概要

通貨名称 DGPT
最大発行数 2048万枚
公開日 2017年9月
公式サイト https://www.digipulse.io/
ホワイトペーパー

DGPTの特徴や目指しているもの

DGPTは、仮想通貨の相続を円滑にするプラットフォーム「DigiPulse」で使用されるトークンです。仮想通貨の普及に伴って発生するであろう相続問題にいち早く目をつけたプロジェクトであり、マイナー通貨ながら将来性が期待できそうです。

DigiPulseで仮想通貨をラクラク相続

DigiPulseは、北ヨーロッパのラトビアで開発された、仮想通貨のスムーズな相続をサポートするプラットフォームです。開発チームには技術者のほか、法律やパブリックレーションズの専門家も在籍しています。

予め被相続人が相続人を設定しておくと、その被相続人の死亡が確認されたときに、相続人に対して資産の存在と秘密鍵が公開されるというシステムになっています。

相続人は法定相続人でも第三者でも自由に設定できます。第三者に相続させる(遺贈をする)場合、法定相続人に対して財産の存在が明かされることはないため、トラブルが起こる可能性を低減できます。

また、イーサリアムのブロックチェーンを用いているため、被相続人は匿名で相続させることも可能です。この仕組みを上手に使えば、自らの財産を効率的に寄付することも可能です。ただし、その場合でも相続人は相続税を支払うことになります。

相続できる仮想通貨

DigiPulseは将来的に、様々な仮想通貨を相続させられるプラットフォームとして稼働する予定です。現時点でどの仮想通貨に対応するかは公開されていませんので、気になる方は公式の発表を待つといいでしょう。

DGPT

DigiPluseの内部トークンであるDGPTは、サービス利用料の支払手段として機能します。DigiPluseは分散型のプラットフォームではありますが、マイナーなどに対する手数料は支払わなければなりません。

筆者が考えるDGPTの今後の将来性

現時点では、それなりに有望であると見ています。相続とブロックチェーンを組み合わせたプロジェクトは非常に斬新で、競合する目立ったプロジェクトが存在していません。それでいて確実に需要がある分野に切り込んでいるため、一定の将来性はあるといえるでしょう。

DGPTが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

DGPTが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから