DEMの特徴や将来性、DEMが購入できるおすすめの取引所

DEM

DEMの概要

通貨名称 DEM
最大発行数 5億枚
公開日 2013年12月
公式サイト https://deutsche-emark.org/
ホワイトペーパー

DEMの特徴や目指しているもの

DEMはコンセンサスアルゴリズムにProof of Work(PoW)とProof of Stake(PoS)を組み合わせた、分散型の仮想通貨です。暗号化とその基礎となる数学を元に、銀行などの伝統的な中央機関を置き換えることができます。また、信頼できるブロックチェーン技術によって、トランザクションを安全かつ迅速に処理します。

DEMはドイツで開発される仮想通貨

DEMはドイツで開発されている仮想通貨です。通称はドイツ電子マーク(Deutsche eMark)であり、オープンソースソフトウェアプロジェクトとして、6年以上に渡り開発されてきました。

安全性の高さが最大の魅力

DEMの最大の特徴は、安全性が非常に高く、それ故に安心して送金できることです。

PoWとPoS、2つの仕組みを採用する通貨は珍しい

通常、1つの仮想通貨は1つのコンセンサスアルゴリズムだけを採用することが多いです。例えばビットコインはPoWを採用していますし、イーサリアムもPoWを採用しています。ただし、イーサリアムは将来PoWからPoSへの移行を予定しています。

一方で、DEMはPoWとPoSという2つのコンセンサスアルゴリズムを採用しています。このような通貨は「ハイブリッド通貨」と呼ばれます。ベースはPoWであり、計算競争に勝ったものがマイニングの権利を得るという点では一致していますが、ビットコインのような純粋なPoW通貨ではすべてのコンピュータが同じ難易度の計算に挑戦するのに対して、ハイブリッド通貨ではコインの保有量によって難易度が変化します。コインを大量に保有しているコンピュータほど、難易度が下がるようになります。

例えばコインを大量に保有しているコンピュータと全く保有していないコンピュータの2台がマイニングに参加している場合、前者は簡単な計算に、後者は複雑な計算に挑戦します。必然的に、前者が高い確率で勝つため、多くの報酬を得ることができます。一方で運が良ければ後者も勝つ可能性があるため、多少ではありますが報酬を得ることができます。

非常に低い取引手数料

DEMの取引手数料は取引状況によって変動しますが、現時点での平均手数料は0.001ドル(約0.1円)です。また、最高手数料は0.01ドル(約1円)になるように制限されています。銀行などの伝統的な金融機関を通じて送金をした場合、同国内でも数百円程度、多国間では数千円程度の取引手数料がかかるものですが、DEMはそうした高額な手数料を一切期にすることなく取引できます。

また、DEMは送金速度も非常に早く、通常は世界中で送金が完了します。こうして行われた送金の記録は、ブロックチェーン内に半永久的に保管されます。ブロックチェーンを保管しているコンピュータがすべて破壊されない限り、その記録は永遠に残り続けるのです。

筆者が考えるDEMの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。魅力的な特徴はいくつかあるのですが、十分な差別化点になっているとは言えません。

DEMが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の仮想通貨取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

DEMが購入できる海外の取引所一覧

  • Trade Satoshi
  • YoBit
0 0

この記事の共有はここから