DATの特徴や将来性、DATが購入できるおすすめの取引所

DATの将来性・取引所まとめ

DAT(Datum/ダータム)の概要

通貨名称 DAT(Datum/ダータム)
最大発行数 約26億5000枚
公開日 2017年9月
公式サイト https://datum.org/
ホワイトペーパー https://datum.org/assets/Datum-WhitePaper.pdf

DATの特徴や目指しているもの

個人情報売買プラットフォーム「DatumNetwork」で流通するトークンが、DAT(Datum/ダータム)です。現状、大企業に無料に近い形で寡占されている個人情報に対して適切な「価格」を与えるためのプロジェクトであり、個人が正当な対価を受け取れる仕組みを構築します。

個人情報を売りたい個人だけでなく、それを買いたい企業にとっても大きなメリットがあることから注目されています。

Datum NetworkとDatumの仕組み

Datum Networkはユーザーとデータ消費者、ストレージノートとDatumトークン保有者の4者によって構成されています。ユーザーがデータ消費者に対して個人情報を売り(正確に言えば共有し)、ストレージノードとDatumトークン保有者がネットワークを維持する、と考えていただければ、だいたい間違いありません。

DATの役割

このDatum Networkを動かすための燃料になるのがDATです。ユーザーはアップロードしたデータを保管したり、企業に対して売却(共有)するときにDATを使います。これらにかかる費用は個人情報を売ることによって得られる金額よりもずっと安いので黒字になります。自身の個人情報をどこまでシェアするかは、「共有しない」から「誰とも最低限の料金で共有する」の5段階で設定できます。

DATの将来性

個人情報を特定の企業が寡占している現状は決して健全とは言えませんし、それを改善するための仕組みは必要であり、その点では有望と言えます。ただ、個人情報を売買するという一見過激にも思えるコンセプトが、どこまで受け入れられるかは判断が難しいところです。

実際には別に危ないことをするわけではありませんが、ユーザーに警戒される可能性は否定できません。ただ、やはり個人情報を売ってお金を得られるというのは魅力的です。

DATが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに海外の大手取引所に上場されていますので、そちらを使うことをおすすめします。

DATが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから