CVCの特徴や将来性、CVCが購入できるおすすめの取引所

CVCの特徴・取引所・将来性を解説

CVC(シビック)の概要

通貨名称 CVC(Civic)
最大発行数 100億枚
公開日 2017年7月
公式サイト https://www.civic.com/
ホワイトペーパー https://tokensale.civic.com/CivicTokenSaleWhitePaper.pdf

CVCの特徴や目指しているもの

CVC(シビック)は、個人認証を安全かつ確実に行うことを目的としたプラットフォーム「SIP」上で使われる仮想通貨です。独自のアルゴリズムを採用することによって個人認証を確実に遂行し、個人情報を強力に保護します。

CVCは南アフリカの起業家で、Gyft&Yola社でも共同創設者を務めるビニーリンガム氏が創設したプロジェクトです。2017年のICOでは約3300万ドル(約36億円)の資金を集めることに成功しており、その注目度は高いと言えるでしょう。

個人認証の種類と特徴

個人認証とは、サービスを要求してきた人が、本人で間違いないことを確認する作業のことです。例えば、通販サイトを利用するとIDやパスワードなどを求められますが、あれも個人認証の一種です。個人認証にはパスワードを用いたもの、指紋や声紋などの身体的な特徴を用いたもの(生体認証)、カードキーを用いたものなどがあり、いずれもメリットとデメリットが存在します。

例えば、パスワードによる認証は簡単な半面、簡単に他人になり済ませてしまうという欠点も抱えています。管理にも手間がかかり、使うサービスの数だけパスワードを覚えなければいけない、パスワード管理ソフトも安全とは言えないなど、問題点は少なくありません。

生体認証は極めてなりすましが難しい半面、本人が認証されなかったり、心理的な抵抗が大きかったりという欠点があります。しかし、総合的に見ればメリットのほうが大きく、今後主流になる可能性が高いです。

現状の個人認証の問題点

個人認証は公平なサービスを提供する上で欠かせないものですが、一方で形式にかかわらず時間と手間がかかるという問題点もあります。ウェブサイトにログインするときにパスワードを入力するのも手間ですし、指紋認証のために指をかざす行為も手間です。1回1回にかかる時間だけ考えれば大した手間ではないかもしれませんが、何回も認証を求められるとやはり煩わしいですよね。

また、サービス毎に異なる認証をしなければならないのも面倒です。例えばあるウェブサイトへのログインはパスワードを、別のウェブサイトへのログインには別のパスワードを、施設の利用には指紋認証を……というのは非効率的です。

こうした手間を大幅に減らすために作られたのがSIPです。

SIPは暗号化技術と生体認証を併用した個人認証システム

SIPは個人情報を最初に入力することによって、その後の複数回の認証をパスできる仕組みです。ユーザーはまず、アプリに指紋を含めた個人情報を入力して承認を得ます。その情報は暗号化された上で改ざんが不可能なブロックチェーン上に記録され、ユーザーにはIDが与えられます。

サービス提供者(個人認証を要求する側)は、ユーザーに対してQRコードを送信し、個人情報へのアクセスの要求を行います。ユーザーがその要求を許可すると、サービス提供者は個人情報を確認できます。ユーザーは最初に個人情報を入力するだけで、その後はパスワードなどの面倒な入力なしに本人であることを立証できます。

将来、より多くのサービス提供者がSIPの仕組みを導入するようになれば、面倒なパスワードの入力はやがて淘汰されていくことでしょう。

CVCの役割と立証者

SIPの仕組みの中で、ユーザーが入力した個人情報を確認する人を「立証者」といいます。立証者は政府機関や金融機関等の信用を受けた第三者がなります。立証者は入力された情報が正しいことを確認して、スタンプを押します。立証者はこの作業を行った見返りとして、CVCを受け取ります。CVCの価値が上昇するほど立証者は増え、ネットワークの安全性はさらに確実に保たれます。

また、ユーザーはSIPに参加する新規ユーザーを紹介することによってCVCを得られます。SIPに参加する人が増えるほどCVCの価値が上昇し、その価値の上昇がSIPへのさらなる人口流入を増やすというサイクルが構築されます。

CVCの不正利用対策

CVCは不正利用を防ぐために、

  • アルゴリズム
  • 認証エンジン
  • 手動監視

の3種類の監視を行っています。例えば、普段とは違う場所からのログイン、普段とは違う端末からのログインが遭った際には、ユーザーに対して通知を行います。

CVCの盗難補償

上記のようにCVCは不正利用を防ぐための様々な取り組みを行っていますが、それでも万が一の自体が発生した際には、最大で100万ドル(約1億1000万円)の盗難補償が受けられます。盗難補償がついていればより安心してサービスを利用できるようになります。

筆者が考えるCVCの今後の将来性

現時点ではなかなか将来有望と言えそうです。安全な個人認証はこれからますます広く求められていくことでしょうし、ライバルとなるプロジェクトが少ないのもポイントです。盗難補償などのサービスも充実しており、使いやすいサービスを目指しているのがわかります。ただ、現状ではSIP自体がほぼ知られておらず、ユーザー数も少ないため、これから頓挫する可能性も十分に考えられます。

CVCが日本に上場する可能性

現時点では、CVCが日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。仮に上場されることがあってもだいぶ先のことになりそうなので、早めに仕込んでおきたい場合は海外の仮想通貨取引所を利用するといいでしょう。

CVCが購入できる海外の取引所一覧

  • Bitrrex
  • Liqui
0 0

この記事の共有はここから