CTXCの特徴や将来性、CTXCが購入できるおすすめの取引所

CTXCの将来性・特徴と主な使い道まとめ

CTXCの概要

通貨名称 CTXC
最大発行数 約3億枚
公開日 2018年2月
公式サイト https://www.cortexlabs.ai/
ホワイトペーパー https://www.cortexlabs.ai/Cortex_AI_on_Blockchain_EN.pdf

CTXCの特徴や目指しているもの

CTXCは、人工知能(AI)を搭載したアプリを分散運用するためのプラットフォーム「Cortex」上で使用される、イーサリアムベースのトークンです。Cortex上ではAIを搭載したアプリ(検索エンジン、ニュースライティングサービス、投資アドバイザーなど)を少ない費用で開発・公開できます。
今まで費用面からAI分野への参入に二の足を踏んでいたベンチャー企業などにとっては大きなメリットがある仕組みです。

CTXCは誰でもAIを搭載した分散型アプリを作れるプラットフォーム

CTXCはイーサリアムベースの分散型アプリ(DApps)の開発プラットフォームです。分散型アプリとは、GoogleやAppleなどの中央管理人が存在せず、ブロックチェーンによって管理されるアプリであり、中央管理人の一方的な都合で削除されない、手数料も非常に安価で済むといった点が注目されて、最近注目を集めています。

Cortex上ではオープンソースを原則として、開発者は自由にAIに機械学習をさせるためのデータを投稿できます。別の開発者は公開されたデータを使い、自らの開発するAIを強化できます。この仕組みにより、十分な開発費用が確保できないベンチャー企業や個人などでも、比較的少ない費用でAIを開発できます。

ホワイトペーパー上では、Cortex上で情報サービスや金融サービス、AIアシスタントやオートドライビングといったアプリを構築できるとしています。

こうしたアプリはすでに存在していますが、いずれも中央管理人にコントロールされているものばかりです。今日は使えても明日には使えなくなっているかもしれませんし、多額の手数料を理由に開発者が開発をやめてしまうかもしれません。

CTXCは分散型プラットフォームであるため、開発者は少ない費用で優秀なAIを開発・搭載したアプリを公開し、多くの収益を得られます。ユーザーは開発されたアプリを自由に使えます。提供する側と使う側、どちらにとっても大きなメリットがある仕組みと言えます。

筆者が考えるCTXCの今後の将来性

現時点では、それなりに将来性があると見ています。AIとブロックチェーンを組み合わせたプロジェクトは多いですが、CTXCはその中でも比較的進捗状況が優秀です。

ただ、このプロジェクトの成否は世間のAIに対する意識や評価に左右されやすい一面もあります。現時点ではAIというのは過小評価されている部分と過大評価されている部分があります。この評価が落ち着いてくるまでは購入を見送るというのも1つの手です。

CTXCが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、気になる方はそちらで購入してください。

CTXCが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから