CryptoGLDの特徴や将来性、CryptoGLDが購入できるおすすめの取引所

CryptoGLDの将来性と、おすすめの取引所

CryptoGLD(クリプトゴールド)の概要

通貨名称 CryptoGLD(クリプトゴールド)
最大発行数 1000万枚
公開日 不明
公式サイト https://cryptogld.com/
ホワイトペーパー

CryptoGLDの特徴や目指しているもの

CryptoGLDは、世界初となる、金(Gold)の裏付けがある仮想通貨です。オーストラリア企業のCryptoGLDとCitigold Corporation Limitedが共同で発行しています。

CryptoGLDを特定の時期(2022年6月)まで保有すれば、必ず保有量に比例した量の金が受け取れるのが最大の特徴です。もちろん、従来の仮想通貨と同じように、価格が上昇したときに取引所で売買することも可能です。

一定期間待てば資産が受け取れ、途中で市場で売却もできるという点では、債券に似ています。債券と違い利息は付きませんが、そのかわり価格上昇の余地は多めです。

CryptoGLDの仕組み

CryptoGLDは金という明確な裏付けを用意することによってボラティリティを抑制し、投資家が安心して投資できるようにしていた、特殊な仮想通貨です。

CryptoGLDは、金との交換が保証されている仮想通貨です。Citigoldは10万オンス(約2835kg)の金を裏付けとした上で1000万枚の仮想通貨を発行し、仮想通貨100枚=金1オンス(約28.35g)の交換を保証しています。

交換期間は2022年6月です。CryptoGLDが今後どれだけ暴落しようと、2022年6月まで待てば金が受け取れますが、交換期間を待つことなく取引所で売却することも可能です。投資家はCryptoGLDの価格が上昇すれば売り、下落すれば交換期間まで待つという、二段構えの戦略を取ることが可能です。

金ではなくCryptoGLDを買う理由は?

CyrptoGLDが金に裏付けされた仮想通貨であるならば、CryptoGLDなど買わずとも、金そのものを買ってしまえばいいのではと思われるかもしれませんが、その考え方は必ずしも正しいとは言えません。金にもCryptoGLDにも違ったメリットがあるからです。

金のメリット

  • CitiGold破綻のリスクがない
  • 金を保有することによる優越感が得られる

金を保有する一番のメリットは、CitiGold破綻のリスクがないことです。CitiGoldは確かに金とCryptoGLDの交換を約束していますが、その約束が100%絶対に果たされるとは限りません。

経営が悪化して倒産したり、会社内部の誰かが持ち逃げしたりする可能性はあります。その場合、CryptoGLDは何の価値も持たない仮想通貨になってしまいます。金の現物を保有しておけば、そのような心配はなくなります。

CryptoGLDのメリット

  • 少量から購入できる
  • 管理が不要で簡単に買える

一方、CryptoGLDの最大のメリットは、少量から購入できることです。インゴッド(金地金)は最小5g(約2万2000円)から購入できるのに対して、CryptoGLDは1円未満でも購入できます。大量の金を保有するだけのお金は持っていないという人でも、CryptoGLDなら簡単に投資できます。

また、CryptoGLDは仮想通貨なので、インゴッドのように管理に手間がかかりません。安全に保管するために金庫を買う必要も、専用の貸し倉庫を借りる必要もありません。

取引所で簡単に売買できるのも大きなメリットです。金の購入にはそれなりに手間がかかりますが、CryptoGLDの購入はワンクリックでできます。

CryptoGLDの将来性

現時点ではそれなりに将来性があると考えています。仮想通貨のボラティリティの大きさは大きな魅力である半面、大きなリスクでもあり、このリスクを嫌って市場に参入しない投資家は少なくありません。CryptoGLDはそうしたリスク回避を重視する投資家にとってはうってつけの商品です。

CryptoGLDが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。海外の取引所への上場もこれからのようです。

CryptoGLDが購入できる海外の取引所一覧

現時点では海外の取引所にも未上場となっております。いつ、どの取引所に上場してもすぐ買い付けできるよう、今のうちに大手の海外取引所をいくつか開設されることをおすすめいたします。
》おすすめの海外取引所はこちらのページへ

0 0

この記事の共有はここから