CORの特徴や将来性、CORが購入できるおすすめの取引所

仮想通貨CORとは?特徴・使い道・将来性を解説

CORの概要

通貨名称 COR
最大発行数 914万枚
公開日 2017年9月
公式サイト https://www.corion.io/
ホワイトペーパー

CORの特徴や目指しているもの

CORは、スイスのツーク州に本社を置くCORION社が立ち上げたCORIONプラットフォーム上で使用される、イーサリアムクラシックベースのトークンです。

CORIONプラットフォームはシンプルさやセキュリティ、安定などに重点を置いた支払い・取引システムであり、いくつかのスマートコントラクトで構成されています。

CORIONの仕組みと機能

イーサリアムクラシックには、分裂(フォーク)した元の仮想通貨であるイーサリアムと同様、独自トークンを作成する機能や契約を自動化するスマートコントラクトという機能があります。CORIONプラットフォーム上では、独自トークンのCORを用いて取引・決済ができます。

米ドルの価格に対して連動するように設計されているCOR

CORは価格ができるだけ米ドルに対して安定するように設計されています。価格が安定すれば、ユーザーは現在のレートや将来の相場を気にすることなく、安定して取引できます。
世の中の殆どのユーザーは技術に精通していないことを考えると、これは非常に大きなメリットであると言えるでしょう。また、CORIONではCORの保有者の地域分布が公表されます。CORがどこの地域に住んでいる人によって保有されているのか、ひと目で分かる仕組みになっています。

筆者が考えるCORの今後の将来性

現時点では、あまり有望とは思えません。CORIONのもととなっているイーサリアムクラシックが、現時点でフォーク元のイーサリアムと比べると人材・資金の面で大幅に立ち遅れているのが大きな痛手だからです。

イーサリアムクラシックも差別化と生き残りを図っているのですが、現時点ではそれがうまく言っているとは言えない状況です。

CORが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になるという方はそちらを通じて購入しましょう。

CORが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから