CMTの特徴やチャートで見る将来性、CMTが購入できるおすすめの取引所

CMTの今後の将来性

CMT(サイバーマイルス)の概要

通貨名称 CMT
最大発行数 10億枚
公開日 2017年10月
公式サイト https://cm.5miles.com/ja/
ホワイトペーパー https://cm.5miles.com/file/project/Project%20white%20paper_ja.pdf

CMTの特徴や目指しているもの

CMT(CyberMiles/サイバーマイルス)は、オンラインマーケットプレイスに特化したスマートコントラクトのプラットフォームです。マーケットプレイスとは、インターネット上で商品の売買ができる取引市場のことで、楽天やAmazonが代表的なマーケットプレイスですね。個人でも企業でも自由に参加できるのが大きな特徴です。

スマートコントラクトとは、契約の自動化のことで、コントラクト(契約)をスマートにする、という意味です。自動販売機をイメージして頂ければ分かりやすいかもしれません。スマートコントラクトについては別記事「スマートコントラクトとは?」で詳しく解説しています。

CMTの特徴や今後の将来性について解説していきます。

セキュリティが高く、低コストのマーケットプレイスを実現

従来のマーケットプレイスでは顧客情報を管理したり、ユーザー同士の紛争を解決したりするために膨大な時間とコストがかかっていました。CMT(サイバーマイルス)ではこれをブロックチェーンの分散型技術を用いることで、管理者がいなくても取引ができるようになり、コストの削減を実現することができます。

もっとも、イーサリアムにもスマートコントラクトの機能は備わっています。しかし、現在のイーサリアムの設計では、オンラインのマーケットプレイスには不向きです。手続きに多大な時間を必要とし、高いコストが必要になってしまいます。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETC)のブロックチェーンは、ブロックと呼ばれる取引の塊を分散して管理する仕組みですが、ブロックの大きさが決まっているので、取引量が多くなると、次のブロックに履歴を書き込まなければなりません。取引量が多くなればなるほど処理時間が長くかかってしまいます。これを「スケーラビリティ問題」といいます。

CMTはイーサリアムの抱えていたスケーラビリティ問題をクリアして開発されています。そのために安全で低コストのスマートコントラクトを実現しようとしているのです。

5miles

CMTの強みは、すでに「5miles」というプラットフォームを持っていることです。
5milesはアメリカ版のメルカリです。アメリカでは1,200万人のユーザーを抱えるマーケットプレイスの運営会社でCMTの親会社にあたります。5milesがあるので、CMTの開発された技術をすぐに試すことが出来ます。どんなに優れた技術を持っていても、実用できるシーンがないと宝の持ち腐れです。5milesがあることが、競合との大きな差別化となるでしょう。

筆者が考えるCMTの今後の将来性

オンラインマーケットプレイスは大きな市場です。そのために競合が多いのも確か。いわゆる「レッドオーシャン」です。インターネットは無くなることはないでしょうし、物流という業界もなくならないでしょう。単純に世界の人口が増えれば、その分伸びていく市場と考えられます。マーケットプレイスは、ニーズはありますが、競合とどうやって差別化を図るかが課題です。

それでもCMTの将来は比較的有望かと思います。
5milesというプラットフォームを持っているのは、大きなアドバンテージです。5milesのユーザーをどこまで取り込めかが、大きなポイントになりそうです。5milesは世界的にはまだ認知度がそこまで高くないので、5milesのユーザー自体を増やしていくことができれば、可能性は十分にある通貨です。

チームメンバーに優秀な人材が集まっていることもCMTの強みの一つです。CEOは、中国の大手マーケットプレイス「アリババ」のモバイルプラットフォームのゼネラル・マネージャーを務めたLucas Lu氏ですし、5milesのチーフマーケティングオフィサーを務めるGeorge Chen氏がメンバーにいることも大きいです。その他のメンバーも5milesの主要ポストについているメンバーが多いです。

しかし、AmazonやWalmartといった業界大手企業が、仮想通貨業界に参入したら同様のプラットフォームを持つ可能性は十分にあります。そうなったら多くのユーザーを抱える大手とどう戦っていくのか。大手との差別化など、課題はまだまだありそうですが今後CMTがどのように変革していくのかは楽しみです。

CMTチャート
チャートをみると2018 年1月上旬に66円(0.0003BTC)をマークしてからは下降の一途。2018年3月15日現在は、9円前後(0.00001BTC)をキープしています。

ロードマップによると2018年12月にヴァージョン1.0をリリース予定とのこと。ニーズのある有料な仮想通貨だと思いますが、無条件に「買い」と判断するのはまだ時期尚早です。もう少し様子見でもいいかもしれません。

CMTが日本に上場する可能性

CMTが日本の取引所に上場するという情報は今のところ見かけません。時価総額ランキングでも210位あたりに順位をつけているので、なんともいえません。少なくとも近日中に上場する可能性はなさそうです。海外の取引所を利用しましょう。日本語対応していて、操作性の良いバイナンスがオススメです。

CMTが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • CoinBene
  • Bibox
  • Huobi
  • OKEX
  • CoinComing
0 0

この記事の共有はここから