CLOAKの今後の将来性とCLOAKが購入できるおすすめの取引所

CLOAKの今後の将来性

CLOAK(クローコイン)の概要

通貨名称 CLOAK(Cloakcoin)
最大発行数 450万枚
公開日 2014年6月
公式サイト http://www.cloakcoin.com/
ホワイトペーパー https://www.downloadhelper.net/update?from=7.2.2&to=7.3.0

CLOAKの特徴や目指しているもの

CLOAK(クローコイン)は、2014年に誕生した比較歴歴史の長い仮想通貨です。プライバシー保護機能を搭載した、いわゆる匿名通貨の1つであり、その追跡不可能性は非常に高いです。取引にENIGMAと呼ばれる独自のプラットフォームを使用することによって、仮想通貨取引に伴う様々なリスクを軽減します。ウォレットに保管しておくだけで年間6%の利息がつくのも大きな特徴です。

CLOAKを支えるオニオンルーティングとは

CLOAKの高い匿名性を支えるのが、オニオンルーティングという技術です。オニオンルーティングは米海軍調査研究所の出資で開発された、いわば政府主導で開発された暗号化技術の一つです。玉葱の皮のように何重にも暗号化と復号が行われることからこの呼び名がついています。

オニオンルーティングを最大限に生かしているのがTor(トーア)というシステムです。Torは通信経路を秘匿するための技術、もしくはその技術をもとにして作られたソフトウェアです。同名のWebブラウザは無料で一般人でも利用できることから、ネット検閲が厳しい国のユーザーや、個人情報の秘匿を極めて重視するユーザーから支持を得ているようです(私も使ったことがありますが、かなり重いのでよほど個人情報を秘匿したい人以外にはおすすめできません)。

ENIGMAはオニオンルーティングの進化版

ENIGMAは、オニオンルーティングをさらに強化し、情報の秘匿性を高めた技術です。ENIGMAはCLOAK独自のシステムであり、CLOAKを匿名で送金する上で欠かせない技術でもあります。

ENIGMAを用いたクローコインには代替可能性があります。代替可能性とは、すべてのコインが同じ価値を持つ、それゆえに代替できるという性質です。

例えば、今の日本では約2兆円分の500円玉が流通していますが、その価値は原則としてどれも同じです。中にはプレミアが付いていて古銭屋で高く買い取ってもらえる500円玉もありますが、それを普通のお店に持っていっても501円以上の買い物ができるわけではありません。あなたが持っている500円玉では500円分の買い物ができますし、私が持っている500円玉でも500円分の買い物ができます。故に、500円玉には代替可能性があると言えます。

一方、ビットコインなどの非匿名通貨には代替可能性があるとは言えません。例えば、過去に犯罪に利用されていた事があるビットコインは、そうでないビットコインと比べて受け取ってもらえる可能性が下がるため、価値が低下してしまう可能性が考えられます。Bitcoinには追跡可能性が、代替可能性を失わせてしまっているわけです。

一方、クローコインは追跡不可能性が極めて高いがゆえに、そのコインが過去に犯罪に関わっていたか居ないかを知るすべがなく、したがって代替可能性が失われることもありません。

CLOAKを保有すると年間6%の利息がつく

CLOAKはコンセンサスアルゴリズムにPoS(Proof of Stake)を採用しています。PoSは直訳すれば「出資金による証明」であり、保有する仮想通貨の量に応じてブロック生成の成功率を決める、いいかえれば仮想通貨の保有量とブロック生成の成功率が比例する仕組みです。ブロック生成をすると報酬が受け取れるため、仮想通貨の保有量と受け取れる報酬が比例する仕組みであるとも言えます。

この仕組は多くの仮想通貨で採用されているPoW(Proof of Work)のように大量の電力を消費することもなく、性能が高くないコンピュータでも承認作業に参加できるというメリットがあります。代表格であるイーサリアムが今後PoWからPoSに移行する予定であることからも、この仕組みの信頼性の高さが伺えます。

クローコインを保有していると、年間で6%の利息が付きます。例えば、100CLOAKを保有している場合、年間で6CLOAKの利息がもらえるわけです。Cloakcoinの法定通貨に対する価格は変動するため、法定通貨建てで見た場合常に黒字になるとは限らないのですが、とりあえず高い利息がつくのは嬉しいことです。

CLOAKの時価総額は主要な匿名通貨よりも低い

CLOAKの時価総額は2018年5月31日時点で約41億円で、時価総額ランキングでは233位です。DASHやMonero、Bytecoin,Zcashといった他の匿名通貨がいずれも50位以内に入っているのと比べると、現状時価総額や知名度では大きく劣っていると言わざるを得ません。もちろん、時価総額が安いということは大きな伸びしろがあるということでもあるのですが、時価総額が低いがゆえにシェアが得られず、消えていく可能性が高いことについては留意が必要です。

筆者が考えるCLOAKの今後の将来性

CLOAKの将来性は、現時点ではかなり厳しいと言わざるを得ません。

まず、前述の通り、クローコインは主要な匿名通貨と比べると時価総額や知名度で大きく劣っています。機能も主要な匿名通貨とは大差なく(劣っているとも言い難いですが)、目立った長所はPoSを採用していることぐらいです。

これだけでも十分厳しいのですが、匿名通貨にはさらに国家からの規制という別のリスクもあります。匿名通貨はユーザーにとっては望ましいものですが、国家にとっては望ましいものではありません。マネーロンダリングや違法薬物の売買などの違法行為や、敵対する国家への送金などに使用される可能性があるからです。

最近は多くの国で仮想通貨に対してある程度の(国家によっては相当強力な)規制を掛ける流れができていますが、匿名通貨に対してはどの国も通常の仮想通貨(ビットコインなど)よりも厳しい姿勢で望む可能性が高いです。

CLOAKが日本に上場する可能性

現状、日本の仮想通貨取引所にクローコインが上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外の仮想通貨取引所で取り扱われていますので、早めに仕込みたいならばこちらの利用をおすすめします。

CLOAKが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Bittrex
  • Upbit
0 0

この記事の共有はここから