CLAMはどんな仮想通貨?CLAMの特徴と今後の将来性を完全解説

CLAMの特徴・将来性を解説

CLAMの概要

通貨名称 CLAM(Clams)
最大発行数 約1620万枚
公開日 2014年5月
公式サイト https://clamcoin.org/
ホワイトペーパー

CLAMの特徴や目指しているもの

CLAM(クラムス)は、最も公平で広い範囲に分配されることを目指す仮想通貨です。ほとんどの通貨は既存の仮想通貨のコピーの範囲から脱していませんが、CLAMはそこから抜け出し、オリジナルの仮想通貨としての地位を確保しようとしています。CLAMネットワークに参加する人が増えれば増えるほどそのネットワークはより強固なものになり、支払手段としての価値を増します。

CLAMのベースコイン

CLAMはビットコイン、ライトコイン、ドージコインという3つの異なる仮想通貨をベースに作られています。CLAMの起点日である2014年5月12日に上記のいずれかのコインを持っていた場合、おそらくCLAMを保有しているはずです。

AirDropとProof of chain

AirDropとProof of chainは、どちらも仮想通貨の配布方法です。ほとんどの新興仮想通貨はAirDropを採用しましたが、CLAMはProof of chainを選びました。

AirDropとは、簡単に言えば仮想通貨を希望した人に対して無料で配布する仕組みのことです。殆ど知られていない草コインで行われることが多く、知名度の獲得や経済圏の拡大などを目的としています。無料で仮想通貨を配布するなど怪しい、と思われるかもしれませんが、仮に受け取ったコインが詐欺コインであっても金銭的に損することはありません(タダで貰ったものの価値が0円になるだけなので)。

この仕組は投資家にとって金銭的にノーリスクであるという反面、情報が一部の人に偏りやすいという欠点があります。AirDropについて普段からいろいろと探し回っている人がより多くの仮想通貨をもらえる反面、そうした活動に消極的な人は殆どもらえません。

積極的に動き回った人が多くの利益を得るというのは健全なことかもしれませんが、仮想通貨の普及を妨げる要因にもなりえます。そこで開発されたのが、Proof of Chainという新たな仕組みです。

Proof of Chainは、特定のコイン(CLAMの場合はビットコイン、ライトコイン、ドージコインの3種類)を保有していた人に対して、4.6CLAM以上のコインを送付するという仕組みです。コインの保有だけが条件なので、AirDropと違って情報格差が生まれません。配布は完全に完璧に行われたわけではありませんが、それでもかなり多くの人に対して行われました。

CLAMは最も公平で広い範囲に分配されることを目指していますが、この活動もそれを果たすためのものと言えます。

CLAMを支えるPoSの仕組みとは

CLAMはコンセンサスアルゴリズムにPoS(Proof of Stake)を採用しています。コンセンサスアルゴリズムとは簡単に言えば、ブロック生成+報酬受取の権利を誰に与えるか、についてまとめたものです。

最も有名なコンセンサスアルゴリズムはPoW(Proof of Work)です。ビットコインでも採用されているもので、計算を最も早く終えたコンピュータに対して上記の権利を与えます。高いハッキング耐性が得られるという点では非常に優秀ですが、計算競争になるため消費電力量が多く、高性能なコンピュータがないと参戦できないというデメリットもあります。

PoSは上記のようなPoWの欠点を解決するために作られたシステムです。PoSでは計算能力ではなくコインの保有量によって権利を分配します。コインを多く保有している人は高い頻度で、少なく保有している人は低い頻度で権利を得られます。計算を必要としないため消費電力量が少なく、高性能なコンピュータも必要ないため、公平性の高い仕組みと言えます。

一方でPoSはコインの保有量が多くなるほど有利になるため、コインを使う人が減る(流動性が下がる)という欠点がありましたが、CLAMは分散度合いを高めることによって行き過ぎたコイン保有量の偏りを抑制し、それによって過度なホールドを抑止しています。

筆者が考えるCLAMの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。分散度合いを高めるための工夫をした、というのは評価点ですが、それ以外にこれと行った特徴もないからです。性能的にはライトコインやモナコインなどと大差なく、そこまで使うメリットは感じられません。

CLAMが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の仮想通貨取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで買いましょう。

CLAMが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Poloniex
  • Yobit
0 0

この記事の共有はここから