CLAMの特徴や将来性、CLAMが購入できるおすすめの取引所

CLAMの特徴・将来性を解説

CLAMの概要

通貨名称 CLAM
最大発行数 約1620万枚
公開日 2014年5月
公式サイト https://clamcoin.org/
ホワイトペーパー

CLAMの特徴や目指しているもの

CLAMは、最も公平で広い範囲に分配されることを目指す仮想通貨です。CLAMネットワークに参加する人が増えれば増えるほどそのネットワークはより強固なものになり、支払手段としての価値を増します。

CLAMの通貨配布の方法として選ばれた「Proof of chain」

仮想通貨の配布方法にはAirDropとProof of chainがありますが、ほとんどの草コインはAirDropを採用しましたが、CLAMはProof of chainを採用しました。

Proof of Chainは、特定のコインを保有していた人に対して、一定額以上のコインを送付するという配布方法です。

コイン保有だけが条件なので、AirDropと違って情報格差が生まれません。配布は完全に完璧に行われたわけではありませんが、それでもかなり多くの人に対して行われました。CLAMは最も公平で広い範囲に分配されることを目指していますが、この活動もそれを果たすためのものと言えます。

コンセンサスアルゴリズムにはProof of Stake(PoS)を採用

CLAMはコンセンサスアルゴリズムにPoS(Proof of Stake)を採用しています。メジャーなコンセンサスアルゴリズムであるProof of Work(PoW)では、マイニングの寡占といった問題が生じていますが、コインの保有量に応じて権利が分配されるPoSは、より高い公平性が期待できるコンセンサスアルゴリズムと言えます。

筆者が考えるCLAMの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。分散度合いを高めるための工夫をした、というのは評価点ですが、それ以外にこれと行った特徴もないからです。性能的にはライトコインやモナコインなどと大差なく、そこまで使うメリットは感じられません。

CLAMが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の仮想通貨取引所に上場していますので、気になる方はそちらで買いましょう。

CLAMが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Poloniex
  • Yobit
0 0

この記事の共有はここから