CFTの特徴や将来性、CFTが購入できるおすすめの取引所

CFTの特徴・将来性・おすすめ取引所を解説

CFTの概要

通貨名称 CFT
最大発行数 5000万枚
公開日 2017年4月
公式サイト https://cryptoforecast.com/
ホワイトペーパー https://www.cryptoforecast.com/static/WhitePaper_V1.0.pdf

CFTの特徴や目指しているもの

CFTは、初心者から上級者まで、幅広いユーザーのニーズに応える、中長期的な仮想通貨投資のためのツール「Cryptoforecast」上で使用されるトークンです。

Cryptoforecastはトレンド転換を予測する取引ツール

Cryptoforecastは仮想通貨投資家の投資をサポートしてくれるツールです。メインの機能はトレンド転換の予測です。相場には全体的には上昇する「上昇トレンド」と、全体的には下降する「下降トレンド」があります。

下降トレンドから上昇トレンドに転ずるポイントを予想できれば、それだけで投資の勝率は劇的に上昇します。通常、仮想通貨投資でトレンド転換を予測するのは極めて難しいのですが、Cryptoforecastを導入することである程度実現できるようになります。

Cryptoforecastは定量的な情報のみを判断材料にする

Cryptoforecastは、過去の定量的情報のみをもとに長期的な予測を行います。定量的情報とは具体的に言えば数値になった情報のことです。それに対して、数値にできない情報を定性的情報といいます。定量的な情報のみを判断材料とすることによって、より長期のトレンド予測が正確なものになります。

BetQuote制度とは

BetQuote制度は、Cryptoforecastを支える報酬制度の1つです。ユーザーは自らの予測を公表し、一定額の掛け金を支払います。各ユーザーが行った予測は正確にシステム上に記録され、ブロックチェーンで承認されます。

その予測が正しかった場合(5%以下の誤差は許容)、システムはランキングを作成し、最も正確な予想を行った上位3名に対しては、掛け金に応じた報酬を支払います。残った掛け金はプラットフォーム管理やBeoQuoteを通じた再配分に使われます。

筆者が考えるCFTの今後の将来性

現時点では、まずまず将来性はあると考えています。仮想通貨のトレンド予測というのは多くの投資家に需要があるツールであることは間違いないからです。問題はこの予測がどこまで信頼できるのかということですが、少なくとも素人が勘とやらに頼ったり、不十分な解析を行ったりするよりはいくらかいい結果を生むでしょう。

なにぶん不確定要素も多いので断言はできませんが、将来の値上がりに備えて買っておく価値はあるかと思います。

CFTが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、気になるという方はそちらを利用するといいでしょう。

CFTが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから