CBXの特徴や将来性、CBXが購入できるおすすめの取引所

CBXの将来性は?CBXの特徴や主な使い道を解説

CBXの概要

通貨名称 CBX(Crypto Bullion)
最大発行数 100万枚
公開日 2013年8月
公式サイト https://bullion.one/
ホワイトペーパー

CBXの特徴や目指しているもの

CBXは、2013年8月に誕生した、イーサリアム以上の長い歴史を持つ仮想通貨です。価値の保存を主な目的とした仮想通貨であり、同じ用途に使われることが多い金の特性と供給の仕組みを取り入れることで、2%のインフレ率を達成しています。

最低1時間以上ウォレットに保管すれば、インフレ率の数倍の利息を得られます。決済手段としてもそれなりの機能を備えており、中でも高速送金は魅力です。

CBXはお金ではなく金?

金は貨幣と違って通常の決済には使えませんが、価値を蓄積し保管する機能に限ってみれば、貨幣よりも優れているとすら言えます。貨幣はインフレによって価値が暴落することがありますが、金価格が暴落するということはまずありえません。一体なぜでしょうか。

もちろん、「金は価値があるものである、と多くの人が思っている」ことは理由の1つですが、市場に流通する量に上限であり、なおかつその量がかなり少ないことも理由の1つです。上限量が少ないゆえに市場に流通しすぎる恐れがなく、それゆえにインフレが起こらないのです。金融政策次第で半ば無限に発行される貨幣とは違うのです。

CBXも上限量が100万枚と明確にされていて、その総量はライトコイン(LTC)の8400枚やリップル(XRP)の1000億枚などと比べるとかなり少なくなっています。CBXも金のように希少なので過剰なインフレが起こるリスクが低く、それゆえに価値の保存に適しているのです。

また、発行上限に達するまでのインフレ率も2%と低く、ユーザーは価値の暴落に脅かされることはありません。

ちなみに、確認されている金の埋蔵量はおおよそ23万t、これまでに採掘してきた金の総量は約18万tで、まだ採掘されていない地中の埋蔵量は約5万tと考えられています(調査によって多少のズレがありますが、だいたいこれくらいです)。CBXには「掘り出すのが難しいもの、採算が合わないもの」すらありませんので、よりインフレには強いと言えます。

筆者が考えるCBXの今後の将来性

現時点では、あまり将来性を感じていません。価値の保存に重点を置いているというのは面白い点ではありますが、実際のところその機能はビットコインでも十分に果たせるからです。わざわざCBXを使う理由というのが、現状ではこれと言って見つからないというのが正直なところです。

CBXが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、気になる方はそちらから購入しましょう。

CBXが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから