CAGの特徴や将来性、CAGが購入できるおすすめの取引所

CAG(Change/チェンジ)の概要

通貨名称 CAG(Change/チェンジ)
最大発行数 約7920万枚
公開日 2018年7月
公式サイト https://www.getchange.com/
ホワイトペーパー

CAGの特徴や目指しているもの

CAGは、複数の金融サービスを1つのプラットフォームに集約するためのプロジェクト「Change」上で使用される仮想通貨です。エストニアのe-Residencyとも連携しており、デビットカードとマーケットプレイスをプロジェクトの柱としています。

ChangeとCAGの仕組み

Changeは全ての金融商品を一括して提供することを目指す高機能な金融プラットフォームであり、その中心機能はデビットカードとマーケットプレイスです。

即時引き落としをするデビットカード

デビットカードは、支払い時に使えるカードです。クレジットカードなどと同じようにブランド(VISAやMasterCardなど)が設定されており、レジで差し出して読み取ってもらうだけで支払いが完了します。クレジットカードとの最大の違いは支払いタイミング。クレジットカードは月末など一定のタイミングでまとめて引き落としがされる(一時的に借金が発生する)のに対して、デビットカードは即時引き落とし(借金が発生しない)ため、十分な信用がない人でも使えるというのが特徴です。

従来のデビットカードは銀行口座から引き落とすものであったため、銀行口座を持っている人でなければ使えないという欠点があったのですが、Changeのデビットカードはウォレットの仮想通貨(ビットコインやイーサリアムも可)を支払いに使うため、銀行口座がなくても使えます。また、ウォレット内の通貨を法定通貨として各地のATMで引き出すことも可能です。

マーケットプレイスの機能

現状の金融システムでは、例えば株式や債券なら証券会社、ゴールドなら貴金属販売会社、保険なら保険会社、不動産なら不動産会社……といった感じに、顧客は購入する商品ごとに違う窓口に行かなければなりません。

しかし、Changeのマーケットプレイスならば、そのような面倒な使い分けは不要になります。株式も債券もゴールドも、全て1つのプラットフォーム上から注文できるようになるのです。これにより投資家が費やしていた時間は大幅に削減され、また銀行や証券会社で口座が作れない人でも投資ができるようになります。

CAGの用途

CAGは主に資金調達、パートナーとの提携のために使用される予定ですが、総発行量の20%は投資家およびトークン保有者に対する配当として利用されます。その割合は投資家1に対してトークン保有者5となっています。トークンを保有しているだけで増えるのも、大きな楽しみと言えます。

CAGの将来性

現時点では、それなりに期待しています。数が多いアンバンクドを主な対象にしつつそれ以外の人にも有益であるサービスを提供しようとしていることは評価できます。

CAGが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

CAGが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから