BUNの特徴や将来性、BUNが購入できるおすすめの取引所

仮想通貨BUNの特徴・使い道・将来性を解説

BUN(バニーコイン)の概要

通貨名称 BUN(Bunnycoin)
最大発行数 1000億枚
公開日 2014年4月
公式サイト http://bunnycoin.org/
ホワイトペーパー

BUNの特徴や目指しているもの

BUN(Bunnycoin/バニーコイン)は、愛、平和、幸福、経済的自由の拡張のために作られた、ビットコインベースのチャリティ用仮想通貨です。ビットコインを始めとする多くの仮想通貨は現状、決済手段としてはほとんど利用されておらず、今後の価格高騰予想(投機・投資)に基づいて取引されています。

一方、BUNはEメールのように日常的に利用される決済手段になることを目指しています。ビットコインと同じく通貨であり、スマートコントラクトなどの特別な機能はありません。

なお、名称からもわかるようにうさぎをモチーフとしており、この点ではドージコインやモナコインなどに通ずるところがあります。

BUNは取引手数料の一部が寄付に回される

BUNの最大の特徴は、取引手数料の一部が寄付に回されるため、取引をするだけで自然と寄付に参加できることです。寄付に全く興味がない人でも、BUNを決済手段として使えば自然と社会貢献ができるのです。

BUNはコンセンサスアルゴリズムにProof of Work(PoW)を採用しています。PoWはビットコインでも採用されているメジャーなコンセンサスアルゴリズムで、複数のマイナーが計算を行い、最も早く計算を説いたマイナーに対して報酬が与えられる仕組みです。

マイナーが受け取る報酬は、新規発行される仮想通貨と、利用者が支払った取引手数料から成り立っています。ビットコインでは利用者が支払った取引手数料は原則としてすべてマイナーの取り分になりますが、BUNではその一部が寄付に回されます。なお、現在寄付の対象となっているのはメキシコの孤児院です。

仮想通貨で寄付を行うメリット

寄付を法定通貨でなく仮想通貨で行う主なメリットは以下のとおりです。

  1. 取引の透明性が高い
  2. 第三者を介さず送金できるため、中抜きが行われない
  3. 送金スピードが早く、緊急時の寄付に使える

BUNを含むほとんどの仮想通貨は、取引(通貨のやり取り)をブロックチェーン上に記録します。ブロックチェーンは世界中のコンピュータに分散保存されるデジタル取引台帳です。

ブロックチェーン上に記載された取引の内容は第三者からも閲覧できるため、その透明性は高いと言えます。国際団体などを通じて法定通貨で寄付を行う場合、そのお金の流れを外部からうかがい知ることができませんが、仮想通貨ならばそれが可能になるわけです。必然的に本来の目的とは別のことに寄付金を流用している悪質な団体は排除され、優良な団体が残ります。これは寄付をする人にとっても、優良な団体にとっても望ましいことです。

また、仮想通貨の送金は第三者を介さない、P2P形式で行えます。そのため、寄付をしたい人は直接、送金をしたい相手(貧困者や被災者など)に送金できます。法定通貨での寄付では銀行や慈善団体などの第三者機関の中抜きが必然的に行われますが(それ自体はもちろん悪いことではありませんが)、仮想通貨による寄付では送金した金額の殆どが、寄付を必要としている人の手元に届きます。送金スピードも早く(BUNの場合は1分~数十分程度)、災害被災者などにも役立ちます。

BUNは単価が非常に安い

BUNの最大発行枚数は1000億枚です。リップル(XRP)と同等であり、ビットコインの2100万枚、ライトコインの8400万枚、NEMの90億枚などと比べるとかなり多いです。

一方で、時価総額はこれらのメジャーコインには遠く及びません。仮想通貨の時価総額ランキングでは700位前後にいることが多く、その時価総額は2億円弱程度に過ぎません。それなりの資産家ならば1人で買い占められるレベルです。

発行枚数が多いにもかかわらず時価総額は低いため、1枚あたりの単価はとてつもなく安いです。2018年6月22日時点の1BUNの単価は約0.00167円、1万円で約600万BUNを購入できます。単価が安い事は実際には大した意味を持たないのですが(仮想通貨は小数点以下の単位でも取引が可能なため)、見かけの価格が安いのは投機を誘う上で有利に働きます。「これだけ安いのならばちょっと買ってみようかな」と思わせるからです。

筆者が考えるBUNの今後の将来性

現時点では将来性は乏しいと考えています。開発状況やロードマップなどが公式サイトで詳しく公開されていないためです。仮想通貨プロジェクトでは非常に重要であるはずのホワイトペーパーも見当たらず、公式ツイッターのアカウントも1ヶ月に数回しかツイートしていないなど、情報発信が殆ど行われていないのは大きな懸念点です。通貨としても際立った長所があるわけではなく、多少送金スピードが早い程度です。

誕生からすでに4年経過しているにもかかわらず、時価総額ランキングで700位台にいるのは、こうした懸念点情報発信を投資家が懸念したためだと思われます。そもそも寄付に使うだけならばビットコインやライトコインなどの他のメジャーな仮想通貨でも十分であり、わざわざBUNを採用するメリットがない、というのが正直なところです。

単価の安さやアイコンの可愛らしさなどで一時的に価格が跳ね上がることはあるかもしれませんが、長期的に保有する銘柄としては(個人的には)おすすめできません。

BUNが日本に上場する可能性

現時点で日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。買うならば(海外の取引所ではありますが)Cryptopiaがおすすめです。

BUNが購入できる海外の取引所一覧

  • Cryptopia
  • Trade Satoshi
0 0

この記事の共有はここから