BTXの特徴や将来性、BTXが購入できるおすすめの取引所

BTX

BTXの概要

通貨名称 BTX
最大発行数 10億枚
公開日 2017年4月
公式サイト https://BTX.cc/
ホワイトペーパー https://BTX.cc/introduction/white-paper/

BTXの特徴や目指しているもの

BTXは、支払いスピードNo.1を目指す、送金速度が自慢の仮想通貨です。ビットコインやライトコインなどの先発組の仮想通貨と比べると送金速度が非常に早く、日常的な決済にも耐えうる仕組みになっています。

仮想通貨の普及が進まない理由

ビットコインをはじめとする仮想通貨は今の所、十分に国際社会に浸透しているとは言えません。法定通貨の信頼性が揺らいでいる一部の新興国では頻繁に使われているものの、比較的経済状況が安定した先進国では殆ど使われていない、というのが現状です。日本でも仮想通貨による支払いを受け付けているのは一部の事業者に限られており、その対象はビットコインのみで他の仮想通貨は対象外、というケースがほとんどです。一体なぜ、法定通貨に対して優位なはずの仮想通貨はなかなか普及しないのでしょうか。

送金速度の遅さ

理由は色々と考えられますが、送金速度の遅さはその一つと言えます。もちろん仮想通貨は法定通貨と比べれば送金速度は桁違いに早く、地球の裏側にいる人にも数分~数時間で送金することが可能なのですが、逆に目の前にいる人に送金する場合も数分~数時間かかるという欠点があります。

ビットコインの送金には概ね、1時間程度かかります。これでは店頭決済にはとても導入できません。ビットコインの後を追うように開発されたライトコインやモナコイン、あるいはビットコインから派生したビットコインキャッシュなどは、ビットコインと比べれば高速送金が可能ですが、それでもある程度時間がかかってしまい、数秒~数十秒での決済が求められる店頭支払いには向かない面が多です。

一部のマイナーによるマイニングの寡占

また、現状のビットコインのマイニングは、少数のマイニングプールによって寡占されています。マイニングとは、ブロックチェーンに接続する新しいブロックを生成し、その見返りとして報酬を受け取る行為のことです。

ビットコインはコンセンサスアルゴリズム(ブロック生成の仕組み)にPoW(Proof of Work)を採用しています。これは複数のコンピュータで同時に計算競争を行い、最も早く計算を解いたコンピュータがブロックを生成して報酬を受け取る権利を獲得するシステムです。

この仕組みはハッキングを防ぐという点では優れていますが、計算競争によって報酬を配分するため、優れた計算能力を持つコンピュータの持ち主でないと報酬が受け取れないというデメリットもあります。この仕組みは競争の果にマイニングの寡占を起こしやすく、その寡占が仮想通貨の本来の性質である分散性を損なっていると批判されることが度々あります。

こうした既存の仮想通貨の問題点を解決するために開発されたのが、BTXなのです。

BTXは送金速度No.1を目指す仮想通貨

BTXは、送金速度No.1を目指している仮想通貨です。基本的な仕組みはビットコインやライトコイン、ビットコインキャッシュなどと似ていますが、こちらは送金速度が非常に早く、店頭決済などにも耐えうるという特徴があります。

BTXは送金速度を高速化するために、大きなブロックサイズを採用しています。Bitcoinのブロックサイズは1MB、ビットコインキャッシュは8MBですが、BTXは20MBとなっています。ブロックサイズが多ければ、それだけ1つのブロックに入れられる取引の量が多くなります。

報酬の偏在をAirDrop制度で解決

また、開発チームがユーザーに対して仮想通貨を無償で配布するAirDropという仕組みを導入しています。BTXの開発チームは、毎週月曜日にAirdropを実施して、1BTXを持っている人に対して7%の報酬を与えています。

筆者が考えるBTXの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。BTXの仕組み自体はそう悪いものではありませんが、送金速度の速さ以外にこれと言ったメリットが見られないからです。送金速度が十分に早く、知名度も高いDASHなどとの競争に勝てる見込みは現時点では少ないと言わざるを得ません。送金速度以外にもなにか強力なメリットを身につけることができれば、その限りではありませんが……。

BTXが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

BTXが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから