ラジオを聴くだけでBROもらえるって本当?BROの仕組みと今後の将来性を徹底解説!

BROの仕組みと将来性を徹底解説

BROの概要

通貨名称 BRO(Bitradio)
最大発行数 1080万枚
公開日 2017年3月
公式サイト https://bitrad.io/
ホワイトペーパー

BROの特徴や目指しているもの

BRO(ビットレディオ)は、コミュニティによって手動される、ラジオ局とブロックチェーンを接続するプロジェクト「Bitradio」上で使用されるトークンです。

Bitradio上では3万以上のラジオ局の番組が配信されており、ユーザーはBitradio上でそれを聞くだけでBROトークンを取得できます。トークンは仮想通貨取引所でビットコインや法定通貨と交換できる他、Bitradio上で提供されているサービスを利用するのにも使えます。

Bitradioの仕組みと特徴

Bitradioはラジオ局とブロックチェーンを接続するプロジェクトであり、ラジオ配信プラットフォームです。Bitradio上では世界中のラジオ番組をどこからでも視聴できます。公式サイトの「Search Stations……」の機能から、誰でも簡単に聞きたいラジオ局を検索できます。ラジオが聞けるという点ではrajikoなどと似ていますが、Bitradioは世界中のラジオが対象でしかもトークンがもらえるという点でより優れています。

PoSシステム

BROはコンセンサスアルゴリズムにPoSを採用しています。コンセンサスアルゴリズムとは、「誰がブロックチェーンに記帳し、報酬を受け取るか」についてまとめたルールブックです。PoSは保有している仮想通貨の保有量に応じて取引を承認する権利が与えられる仕組みです。

仮想通貨を大量に保有している人は高い頻度で、少量を保有している人は低い頻度で権利と報酬が与えられます。計算競争であるPoWと比べると消費電力を抑えやすく、マイニングの寡占化を招きづらい一方で、通貨を保有し続けるメリットが大きいため、流動性が低下しやすい一面もあります。

BROをウォレットに保存しておけば、後は自然と報酬が与えられます。2018年9月時点では、1つのブロックを生成するごとに0.5BROが受け取れます。

マスターノードとは

Bitradioにはマスターノードという仕組みがあります。マスターノードとはネットワークの維持のために大きな役割を果たすコンピュータのことです。Bitradioの場合、2500BROを保有するとマスターノードになれます。

非常に早い送金速度

BitradioのトークンであるBROは、非常に速い送金が可能です。なんとおよそ1秒以内で、世界中のありとあらゆる場所に送金できます。ビットコインの送金完了までにかかる時間が約1時間であるのと比べるとかなりはやく、大きな優位点となっています。匿名性もビットコイン以上に高く、送金手段として優秀です。

筆者が考えるBROの今後の将来性

現時点では、それなりに有望なのではないかと思っています。ラジオ局とブロックチェーンの組み合わせというのは独自性があります。プラットフォームはすでに稼働しているので、プロジェクトだけ立ち上げて後は何もしない、というようなこともないでしょう。

BROが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

BROが購入できる海外の取引所一覧

  • CREX24
  • CryptoHub
0 0

この記事の共有はここから