BOSTの特徴や将来性、BOSTが購入できるおすすめの取引所

BOST

BOSTの概要

通貨名称 BOST
最大発行数 1170万枚
公開日 2014年5月
公式サイト https://myboost.io/
ホワイトペーパー

BOSTの特徴や目指しているもの

BOSTは、2014年5月に誕生した比較的歴史の長い仮想通貨です。時価総額ランキングで長年2位に鎮座しているイーサリアムが2014年1月誕生であることを考えると、その歴史は相当なものであると言えます。

BOSTはブロックチェーンとネットワークを持つ独立したプラットフォームであり、プラットフォーム上ではTorを用いて安全に通信することができます。DNSが操作されている一部の国ではVPNが必要ですが、BOSTはVPN不要で利用できるのが特徴です。

Torとは

Torとは、TCP/IPにおける接続経路の匿名化を実現するための規格のことです。こう書くとなんだか難しい技術のように思えるかもしれませんが、ようするに自分のIPアドレスを知られること無くインターネットに接続したり、メールを送受信したりできるシステムのことです。

PoSでコインを獲得

BOOSTはProof of Stake(PoS)の仕組みを採用しています。これは簡単に言えば、コインを保有していると、その保有量に応じた報酬が貰える仕組みです。ウォレットをオープンな状態にしておくだけで、自動で報酬を受け取ることができます。コインの保有量が高額であればあるほど、その結果受け取れる報酬も多くなります。

筆者が考えるBOSTの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。Torの技術を用いることによって匿名性を高めているという点は評価できるのですが、匿名性の高い通貨というのは他にもたくさん存在しています。例えばDASHやMoneroといった仮想通貨は匿名性が非常に高く、しかも現時点での知名度もBOSTよりずっと上です。BOSTがこれらの仮想通貨に勝つのは容易ではないでしょう。

BOSTが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

BOSTが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから