BLTの特徴や将来性、BLTが購入できるおすすめの取引所

BLT

BLTの概要

通貨名称 BLT
最大発行数 1億5000万枚
公開日 2018年1月
公式サイト https://bloom.co/
ホワイトペーパー

BLTの特徴や目指しているもの

BLTは、イーサリアムをベースとしたクレジットサービスプラットフォームです。個々人の返済能力をBloom Scoreという指標に基づいて計算し、金融機関の融資を効率的にサポートします。

現状のクレジットシステム

日本を含めた先進国では、消費者の申し込み・借り入れや返済の履歴(クレジットヒストリー)は信用情報機関によって一括管理されています。この仕組みがあるため、金融機関は消費者のクレジットヒストリーを正確に把握して審査に役立てることができます。消費者は優秀なクレジットヒストリーがあれば、積極的な融資を受けられます。

この仕組みは金融機関と消費者にそれぞれメリットをもたらしている一方で、もっともセンシティブな個人情報が一部の機関に独占されることや、国ごとに独自にクレジットヒストリーを蓄積しているので、国が違えば新たにクレジットヒストリーを積みあげる必要があるなどのデメリットもあります。

Bloomはこのようなクレジットの非合理性を改善するために立ち上げられたプロジェクトで、ブロックチェーンを用いた「Bloom Protocol」によって世界共通のクレジットスコアを構築することを目指しています。

BLTの役割とBloom Protocolの仕組み

BLTはイーサリアムベースのトークンであり、BLTを使用すると他のユーザーの個人情報の評価、信用力の評価に参加できるようになります。また、Bloom Protocolに対して重要な変更を加える際の、投票用トークンとしても機能します。

Bloom Protocolは、ネットワークに新しく参入したユーザーの信用度を計測し、信頼できるアイデンティティを確立する「Bloom ID」とBloom IDに紐付けられている現在、過去の債務情報を追跡する「Bloom IQ」、そしてクレジットヒストリーやその他の情報に基づいて算出される、個人の信頼度を示す数値である「Bloom Score」の3つで構成されています。
これらの組み合わせにより、これまでのネットワーク上でこれまでと同様のクレジットヒストリーを提供できるのです。

筆者が考えるBLTの今後の将来性

現時点では、それなりに将来性はあるのではないかと考えています。クレジットスコアを新しく構築するというのはこれまでになかった取り組みですし、仮に成功すればネットワーク上のクレジットヒストリーというブルーオーシャンを寡占できる可能性があります。
現時点ではまだ草コインの一角に過ぎず、過剰な期待をするべきではないでしょうが、ある程度の期待は持ってもいいかとおもいます。

BLTが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

BLTが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから