速くて安い仮想通貨BITSの使い道と今後の将来性を詳しく解説!

仮想通貨BITSの使い道と将来性を解説

BITSの概要

通貨名称 BITS(Bitstar)
最大発行数 5430万枚
公開日 2014年4月
公式サイト https://www.bitstarcoin.com/
ホワイトペーパー

BITSの特徴や目指しているもの

BITS(Bitstar/ビットスター)は非常に短い取引時間と安い取引手数料、そして利息が特徴の仮想通貨です。公式ウォレット上にコインを保管すると、その8時間後から利息が加算され始めます。

BITSは早くて安い仮想通貨

BITS(Bitstar)はブロック生成時間が30秒、取引手数料が0.001BITS(約0.0008円)と、非常に使いやすい設計になっている仮想通貨です。ビットコインのブロック生成時間は10分と長く、また取引手数料も高騰しやすい(一時期は1000円を超えることもままあった)という欠点を抱えており、日常的な少額決済の手段としては適さない一面があるのに対して、BITSは少額決済に特化した設計になっています。

利息の仕組み

BITSは保有しているだけで利息が付きます。公式サイト上で配布されている公式ウォレット(Windows版・Mac版あり)にBITSを保管しておくと、その8時間後から少しずつ利息が付き始めます。多額のBITSを長期的に保管すればするほど、受け取れる利息も増えます。

筆者が考えるBITSの今後の将来性

現時点では、期待していません。すでにリリースから4年経っているにもかかわらず、価格が上昇する見通しは立っておらず、普及する気配も見えないからです。このままでは、数ある平凡な草コインの1つとして消えていくことは避けられないかと思います。

BITSが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、必要な方はそちらを利用するといいでしょう。

BITSが購入できる海外の取引所一覧

  • YoBit
  • Everbloom
0 0

この記事の共有はここから