BISの特徴や将来性、BISが購入できるおすすめの取引所

BISの特徴・使い道・将来性を解説

BIS(Bismuth/ビスマス)の概要

通貨名称 BIS(Bismuth/ビスマス)
最大発行数 517万枚
公開日 2017年10月
公式サイト bismuth.cz
ホワイトペーパー

BISの特徴や目指しているもの

BISは、分散型トランザクションプラットフォーム「Bismuth」で流通するトークンです。プログラミング言語「Python」を採用しているので、プログラミングの経験がない人でもBismuthのシステムを簡単に利用できるので、バーチャル・プライベート・ネットワーク(VPN)を構築することなくオンラインデータベースにリモートアクセスできます。

BISの仕組み

BISはバーチャルプライベートネットワーク(VPN)と呼ばれるオンライン上の仮想的な専用回線)を設けることなく外部のアプリケーションに簡単に接続できるのが特徴です。ビットコインやイーサリアムにはない独自の機能であり、大きな差別化点となっています。

外部と接続するとなるとその安全性が気になるところですが、Bismuthはパブリック・プライベートの両面に耐えうる仕様となっているため、安心して使えます。一部のデータを別にしたいユーザーに対しては、ブロックチェーンオプションを提供します。

BISの将来性

現時点では、あまり将来性はないと考えています。性能自体は悪くはないのですがずば抜けて良いとも言えません。際立った個性というものが付与されれば、逆転できるかもしれませんが……。

BISが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

BISが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから