BERNの主な使い道や開発状況、今後の将来性とは?

BERNの主な使い道や開発状況、今後の将来性とは?

BERNの概要

通貨名称 BERN(BERNcash)
最大発行数 不明
公開日 2016年2月
公式サイト http://berncoin.org/
ホワイトペーパー

BERNの特徴や目指しているもの

BERN(BERNcash/バーンキャッシュ)は、人々がより少ない手数料で政党や候補者に寄付するための新たな支払手段です。BERNという名称は、2016年のアメリカ合衆国大統領選挙の予備選挙に出馬したバーニー・サンダース氏に由来しています。

法定通貨を用いた寄付の難点

現状、さまざまな政党や候補者に対する寄付の殆どは法定通貨によって行われています。法定通貨を使った寄付は古くからある手法ですが、手続きが面倒だったり、送金してから相手方にお金が届くまでに時間がかかったりというような欠点もあります。BERNはこうした欠点を解消し、政党や候補者への寄付をより身近なものにしてくれます。

BERNの特徴は?

BERNの特徴として、コンセンサスアルゴリズムにPoWとPoSを両方採用していることが挙げられます。

コンセンサスアルゴリズムとは、「ブロックチェーン(電子的な台帳)に誰がどのように記帳するかについて定めたルール」です。

分散型仮想通貨には中央管理人が存在しません。そのため、世界各地に散らばったユーザーの中から記帳をする人を選ぶ必要があります。この記帳する権利を誰に与えるかを定義しているのがコンセンサスアルゴリズムです。

どのコンセンサスアルゴリズムでも、記帳した人に報酬を与えるという点では一致しています。正当な記帳によって得られる報酬、が不正によって得られる利益よりも大きければ、不正は起こりづらくなります。

PoWはコンセンサスアルゴリズムの中でも最も主流なもので、計算を最も早く解き終えたものにその権利を与えるという仕組みになっています。ビットコインを筆頭に、多くの仮想通貨で採用されています。ハッキングに強く、通貨の流動性を妨げない一方で、計算競争の果てに寡占を招きやすく、消費電力量が大きいという欠点もあります。

一方、PoSは仮想通貨の保有量に応じて記帳の権利を割り振るという仕組みになっています。通貨を多くを保有している人には高い頻度で、少し保有している人には低い頻度で権利を与えます。必然的に、通貨を保有していればいるほど多くの報酬を受け取れるようになります。この仕組みは銀行預金の元本と利息の関係に似ています。

PoSはPoWのような計算競争がないため寡占が起こりづらく、消費電力量も抑えられます。一方で、通貨を保有するほど多くの利子がもらえるため、通貨を使うメリットが小さく、その結果通貨の流動性が低くなるという欠点もあります。

BERNは2つのコンセンサスアルゴリズムを併用することで、両者のいいとこ取りをしようとしています。

ウォレットの種類

BERN公式サイトでは、一般的なデスクトップウォレットのほか、ペーパーウォレットも作成できます。ペーパーウォレットとは、文字通り紙でできたウォレットです。電子的なデータでないためハッキングや情報流出の可能性は0ですが、一方で紙の劣化がリスクとなります。また、ペーパーウォレットで保存しているBERNについては利息がつかないので注意が必要です。

筆者が考えるBERNの今後の将来性

現時点では、あまり将来性を感じません。誕生からすでに2年以上が経過していますが、時価総額は数百万円程度と非常に低く、開発やマーケティングに熱心なようにも見えません。Twitterの公式アカウントも存在していないようですし、今のままではかなり厳しいでしょう。

BERNが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

BERNが購入できる海外の取引所一覧

  • YoBit
0 0

この記事の共有はここから