ATMSの特徴や将来性、ATMSが購入できるおすすめの取引所

ATMSの特徴や将来性について解説

ATMSの概要

通貨名称 ATMS
最大発行数 1億1000万枚
公開日 2017年3月
公式サイト https://novusphere.io/
ホワイトペーパー https://docs.google.com/document/d/e/2PACX-1vSBdM9mqS8QYrv50mqXP7tYdDhl9EcXdr8UnunqGOr43m_9Ka4cOdZRBV6eMllnBAipP_L3kTm0kzKV/pub

ATMSの特徴や目指しているもの

ATMSは、分散型ファイル管理システム「Novusphere」で流通するトークンです。惑星間ファイルシステム(IPFS)と呼ばれる独自の分散型ファイル管理システムにより、安全なファイル管理を実現しているのが特徴です。

NovusphereはIPFSを利用した分散型ファイル管理システム

Novusphereは、テキストや画像、動画といった各種ファイルを分散保管する惑星間ファイルシステム(IPFS)を利用した分散型ファイル管理システムです。従来のファイル管理システムと違い、運営者が存在しないことが大きなポイントです。

こうした分散型ファイル管理システムでは、サーバではなく、P2Pネットワークで繋がったコンピュータ(ノード)間でファイルを共有します。アップロードされたファイルは暗号化されるため、他人に勝手にファイルを盗み見られる心配はありません。暗号化されたファイルはさらに断片化され、各ノードに分散保存されます。

分散型ファイル管理システムは検閲されず、ハッキングもされにくい

分散型ファイル管理システムには前述の通り、運営者がいません。運営者がいないため、彼らによる検閲は行われず、その分の費用が上乗せされることもありません。中央に当たる部分も存在しないため、ハッキング被害にもあいにくくなっています。

ハッカーがこのシステムを停止させたいと考えた場合、複数の攻撃をしなければなりません。これはサーバをダウンさせるよりも遥かに困難なことです。サーバに負荷がかかることもないため、利用者数の増加によるサーバーダウンも起こりません。利用者から見た場合はいい事ずくめです。

ATMSの使い道

ATMSはNovusphere上で使われる仮想通貨です。サービス利用料やマイナーに対する報酬支払の手段として使われます。

ウォレットはマルチシグネチャ対応

公式が提供しているウォレットは、マルチシグネチャに対応しています。マルチシグネチャとは、1つのアドレスに複数の秘密鍵を割り当てることです。マルチシグネチャでないウォレットよりも遥かに安全性が高く、しかも利便性はほぼ変わりません。非常に使いやすいので、ATMS保存する際には必須と言えるでしょう。

筆者が考えるATMSの今後の将来性

現時点では、ある程度の将来性はあると考えています。いろいろと欠点が多い中央集権型ファイル管理システムに潜在的な不満を持つ人は少なくないでしょうし、Novusphereの仕組み自体も良くできています。

ただし、競合するプロジェクトは他にも多数あり、これらのプロジェクトとの競合はこのままでは避けられないでしょう。現時点ではどれが抜き出ているということは特にないので、これからの開発次第ということになります。

ATMSが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場する可能性は立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、早めに仕込んでおきたいという方はそちらを利用するといいでしょう。

ATMSが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから