ARKの特徴、今後の将来性とARKが購入できるおすすめ取引所

Arkの今後の将来性

ARK(アーク)の概要

通貨名称 ARK
最大発行数 不明
公開日 2017年3月
公式サイト https://ark.io/
ホワイトペーパー https://ark.io/whitepaper/

ARKの特徴や目指しているもの

ARK(アーク)は、日本でも根強い人気の仮想通貨「Lisk(リスク)」からハードフォークして誕生した仮想通貨です。Liskの長所を最大限残しつつ利便性を高め、日常生活でより使いやすくした、身近な仮想通貨です。短い送金時間、高度な分散化と多くの面において高性能であり、将来有望なアルトコインの一つですが、リスクとの競合という懸念点も見逃せません。

ARKの前身「Lisk(リスク)」はどんな仮想通貨?

ARKがどのような仮想通貨であるかを知るためには、その前身であるLISKに関する知識が必要不可欠です。LISKはイーサリアムと同じく、スマートコントラクト(契約を自動化する機能)が特徴のプラットフォームです。基本的な特徴はイーサリアムに似ていますが、こちらはサイドチェーンを採用しています。

サイドチェーンとは、メインのブロックチェーンからは独立したブロックチェーンです。開発者はDapps(アプリ)ごとにサイドチェーンを作成して、メインのブロックチェーンと接続します。開発者がメインのブロックチェーンに対して書き込むことはありません。

サイドチェーンは拡張性が高く、メインのブロックチェーンに掛かる負荷が少なくなるのが大きな特徴です。一方、フォージング(取引の記録。ビットコインのマイニングに相当)に携われる人を開発者がコントロールできるため、ブロックチェーンの長所である非中央集権性が失われ、中央集権的な仕組みになってしまうという懸念もあります。

また、リスクでは言語にJavaScriptを採用しています。JavaScriptはイーサリアムで採用されているsolidityよりも遥かにメジャーな言語であり、多くの開発者の参入が期待されます。

コンセンサスアルゴリズムにはDPOSを採用しています。DPOSはメジャーなPOW(マイニング競争に勝ったものが取引の承認をする)とPOS(仮想通貨の保有量が多いものが取引の承認をする)などとは異なるもので、投票によって取引の承認者を決めます。その為、間接選挙制に近いとよく言われます。

ARK独特のSmartBridgeとは

ARKは前述のLISKから分裂して出来た仮想通貨であるため、基本的な仕組みはLISKに似ています。開発言語はJavaScriptですし、サイドチェーンを備えています。一方で明確な違いもあり、その中でも最も大きいものがSmartBridge(スマートブリッジ)です。

SmartBridge(スマートブリッジ)とは、異なる仮想通貨の橋渡しを行う機能のことです。仮想通貨の橋渡しとは、簡単に言えば、他の仮想通貨のブロックチェーン上のアプリケーションを利用できるようにすることです。

当初はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リスク(LSK)などに対応し、将来的にはほぼすべてのブロックチェーンに対応することを目標としています。なにぶん目標が壮大すぎるので実現できるかどうかは現時点では不透明と言わざるを得ませんが、出来た場合にはARKは計り知れない価値を持つことになるでしょう。

ARKのブロック生成時間は8秒

アークは仮想通貨としての実用性を重視して作られています。そのため、ブロック生成時間・決済スピードは8秒と非常に高速です。ビットコインの10分、ライトコインの2.5分、モナコインの1.5分などと比べるとかなり高速であることがわかります。決済スピードの速さは仮想通貨を実店舗などで使う上で非常に大切な要素であり、ここが早いのは優秀です。

ARKのDPOSの仕組み

ARKのコンセンサスアルゴリズムはリスクと同じくDPOSです。この仕組みのもとでは、ARKのアドレス保有者に対しては投票権が与えられます。アークの保有者は、取引の承認をさせたい人に対して、1ARKを支払って投票を行います。投票は義務ではないので、投票権を放棄する(何もしない)ことも可能です。

より多くの支持を集めたARK保有者の51人は、取引の承認を行い、その見返りに報酬を受け取ります。これをステーキングと言います。必然的に、多くのARK保有者がステーキングを行うために、自分に投票するとどんないいことがあるのかとアピールします。この仕組みが、自分たちに投票するとどんな良い政治が行われるかをアピールする選挙に似ていると言われる所以です。

大量にアドレスを保有して選挙をコントロールされないように、アドレスに紐づくコインの枚数が重視されます。アドレスがたくさんあっても、コインが少なければ選挙で有利には立てません。また、かなりの量を保有していても、それで選挙を自分たちに一方的に有利にすることは難しく、この仕組みによって選挙の公平性を保たれます。
ARKのDPOSアルゴリズムはリスクのそれよりもさらに分散化が進められており、LISKの弱点であった中央集権的な性質を緩和しています。

筆者が考えるARKの今後の将来性

ARKの将来性については、判断が難しいところです。技術面や構想に関しては、正直なところ、現時点でLISKより優秀だと思います。SmartBridgeによってありとあらゆるブロックチェーンを横断的に利用できるというのは他の仮想通貨やプラットフォームではあまり見られない大きなメリットであり、これが実現すれば大きく価値を上げることは間違いありません。

ただ、現状、ARKは時価総額でLISKに大きく負けているのも事実です。LISKの仮想通貨全体での時価総額ランキングは20位前後で安定しているのに対して、ARKは50位前後に留まっています。

先行者が何かと有利になりやすい仮想通貨の世界においては、どうしても後発組はこのような不遇に逢いやすいのです。もちろん、技術が素晴らしい割に安い(今後大きく伸びる)と考えることもできるのですが、先にLISKがプラットフォームとしての地位を確立してしまった場合、ARKに入り込む余地があまり残されない懸念があります。

ARKが日本に上場する可能性

現時点では、ARKが日本の仮想通貨取引所に上場される見通しはありません。バイナンスやビットレックス、クリプトピアなど、ある程度信頼できる海外の仮想通貨取引所を使うことをおすすめします。

ARKが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Bittrex
  • Cryptopia
0 0

この記事の共有はここから