ARGの今後の将来性は?ARGの特徴と主な使い道まとめ

ARGの今後の将来性は?ARGの特徴と主な使い道まとめ

ARGの概要

通貨名称 ARG(Argentum)
最大発行数 6400万枚
公開日 2013年6月
公式サイト https://argentum.io/
ホワイトペーパー

ARGの特徴や目指しているもの

ARG(Argentum/アルゲンタム)は2013年に誕生した、比較的歴史の長い仮想通貨です。通貨名のArgentumとはラテン語で「銀」を意味する単語であり、高い拡張性と検閲耐性が特徴です。低インフレ率も相まって長期的な投資に向いた設計になっており、リスクの低い仮想通貨への投資を望む人に向けた代替手段となります。

ARGのブロックサイズは10MB,6つのマイニングアルゴリズムをサポート

ARGのブロックサイズは10MBです。ビットコインの10倍、ビットコインキャッシュの1.25倍という大容量であり、それゆえに送金詰まりが起きづらくなっています。2018年3月13日頃のアップデートによって6つのマイニングアルゴリズムがサポートされ、セキュリティや使いやすさが向上しました。

ブロック生成間隔は45秒で、6回承認が行われると取引が成立します。ビットコインと比べると遥かに送金速度は高速であり、それゆえに日常的な決済に使いやすくなっています。

インフレ率は1.1%

ARGのインフレ率は1.1%です。他の仮想通貨と比べるとインフレ率が低く、それゆえに仮想通貨の発行し過ぎによる価値の低下は起こりづらくなっています。ブロック報酬はランダムに設定されています。

筆者が考えるARGの今後の将来性

現時点では、ほとんど将来性はないと考えています。仮想通貨として特別優れている機能があるわけではありませんし、公式サイトも内容が薄く、Twitterアカウントも見当たらないなど、開発体制にも大きな疑問が残ります。時価総額の低い草コインであるがゆえに一時的に吹き上がる可能性はありますが、それに掛けるくらいならば他の有望な草コインを探したほうが良いかと思います。

ARGが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

ARGが購入できる海外の取引所一覧

  • Cryptopia
  • CoinExchange
0 0

この記事の共有はここから