ARCの特徴や将来性、ARCが購入できるおすすめの取引所

ARC

ARCの概要

通貨名称 ARC
最大発行数 6000万枚
公開日 2016年8月
公式サイト https://advtech.group/
ホワイトペーパー

ARCの特徴や目指しているもの

ARCは、2016年8月に取引がはじまった、世界中のどこでも、いつでも、どんな状況でも即時払いを可能にする新しい仮想通貨であり、ユーザーは高いネットワークセキュリティの下で、安全に資金を送金することができます。

ARCとビットコインの違い

ARCとビットコインの違いの違いとして、ARCは匿名通貨であることがあげられます。ARCとビットコインのどちらもブロックチェーンの内容は第三者に対して公開されますが、ARCは内蔵された匿名化技術が使用されているため、どのアドレスからどのアドレスにコインが送られたのかはわからなくなっています。これはプライバシーを重視するユーザーに大きなメリットをもたらします。

ハッキングに対するセキュリティ

ARCのすべての取引は一方向で行われ、取り消されることはありません。これは二重支払いが不可能であることを意味しています。二重支払いを完全に防ぐことによって、セキュリティ性を高めています。ARCは総じて、安全に利用できる仮想通貨であると言えるでしょう。

低い手数料

ARCは送金するたびに手数料がかかりますが、その手数料は銀行送金などの既存のシステム、あるいはビットコインなどの主要な仮想通貨と比べて低めに設定されています。取引手数料は取引量、どこの領域に属しているかと言った情報からは完全に独立しています。

即時送金

ARCのトランザクションの確認には非常に効率的に行われ、ほぼ即時の送金を可能にします。ビットコインは送金が承認されるまでに1時間程度の時間がかかることがありますが、ARCにはそのような難点は一切ありません。

筆者が考えるARCの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。匿名性が高い、ということ以外にこれと言った特徴がないからです。匿名通貨は競争が激しい世界です。現状、中でも人気が高いのはDASH,Monero,Zcashなどの銘柄です。これらの銘柄と比べるとARCはブランド力も弱く、知名度も高くありません。

ARCが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

ARCが購入できる海外の取引所一覧

  • Crex
  • Livecoin
  • Yobit
0 0

この記事の共有はここから