APPCは今後どうなる?APPCの特徴や将来性について徹底解説

AppCoinsの今後の将来性

APPC(アップコインズ)の概要

通貨名称 APPC
最大発行数 4億5000万枚
公開日 2017年12月
公式サイト https://appcoins.io/
ホワイトペーパー https://appcoins.io/pdf/appcoins_whitepaper.pdf

APPCの特徴や目指しているもの

APPC(アップコインズ)は、2017年12月に誕生したばかりのイーサリアムベースの仮想通貨です。Google PlayやApp Storeとは違う運営(仲介業者)が存在しない、分散型のオープンアプリストアの実現を目的に作られたもので、アプリ開発者とアプリユーザー、双方に利益をもたらすものです。

時価総額的にはまだまだ安く、現段階では草コインの一種ですが、将来の成長可能性は高く、バイナンスを始めとする大手仮想通貨取引所にも上場されています。

現行アプリストアの抱える問題点

APPCの開発陣営によれば、Google PlayやApp Storeなどの現行のアプリストアは、以下のような問題を抱えています。

  • 非効率な広告
  • 不健全な課金システム
  • 不明瞭なアプリ承認システム
  • 非効率な広告

    アプリの開発元は、自分が開発したアプリをより多くのユーザーに利用してもらうために、様々な広告を出稿しています。しかし、この広告の効率は開発元にとって必ずしも効率のいいものとはいえません。

    広告の出稿には仲介業者が入っており、その分広告費用がかさんでしまうからです。広告費用が増えてしまえばその分開発に回せるお金は減ってしまい、アプリの質は下がってしまいます。これは開発元にとってはもちろん、ユーザーにとっても望ましくないことです。

    また、広告を見てインストールしたユーザーが、アプリを使ってくれる保証は全くありません。ユーザーは思っている以上に飽きっぽく、とりあえずインストールしたけれど一切手を付けず、しばらくたったらアンインストール、ということも少なくありません。

    不健全な課金システム

    アプリ内課金をするユーザーは、アプリユーザー全体の5%にしか過ぎません。しかも、彼らが課金した金額のうち、少なくない割合を仲介業者が吸い取っています。せっかく優良なアプリを開発しても課金される保証がない上、課金されても開発者のもとに届く額は多くはないのです。

    不明瞭なアプリ承認システム

    既存のアプリストアでは、ユーザーが開発者の身元を確認するのは簡単ではありません。審査はあるもののアプリの品質保証は十分とはいえず、低品質なアプリの割合も少なくありません。

    低品質なだけだったらまだいいのですが、中には個人情報の不正取得などのために、悪意を持って開発されたアプリも存在しています。こうした危険なアプリからユーザーを守る枠組みは十分ではありません。

    APPCの目指す分散型オープンストアの仕組み

    APPC(アップコインズ)はこのような問題点を解決する、分散型オープンストア内での利用を想定して作られています。イーサリアムのブロックチェーンとスマートコントラクト技術を元に、運営元が存在しないアプリストアを確立し、上記の問題をすべて解決します。

    効率的な広告

    この仕組のもとでは、開発者は仮想通貨APPCを使って広告を行います。そのうち85%はユーザーに分配され、ユーザーはそのAPPCを使って課金します。ユーザーは分配されたコインで課金ができ、開発者は広告費をユーザーの課金で回収できます。将来的には、アプリをインストールして終わりとならないように、最低でも2分間はアプリを使ってもらえるような枠組みを整えます。

    健全な課金システム

    ユーザーが課金したAPPCの85%は、ユーザーのウォレットから直接開発元のウォレットに送金されます。見方を変えれば、中抜き率は15%ということです。一方、Google PlayやAPP Storeの中抜き率は30%です。中抜き率が低いのは開発元にとってはもちろん望ましいことですし、開発費用が豊富になるのはユーザーにとっても望ましいことです。

    明瞭なアプリ認証システム

    この仕組のもとでは、アプリの開発元は「Trusted(信頼できる)」「Critical(危険である)」「Unknown(不明である)」の3つに格付けされます。格付けの記録は改ざんが事実上不可能なブロックチェーン上に記載されます。優良な開発者のアプリ承認は自動化・簡素化される仕組みがあるため、今までのように審査に時間がかかることもなくなります。この仕組みのもとでは危険なアプリの開発者は自動的に淘汰されていきます。

    超豪華なAPPCのアドバイザー陣

    APPCの主要なアドバイザーはGoogle Play、BitcoinCore,Ripple Coreなどから来ています。アプリストアはもちろん、ITや金融、仮想通貨にも強いアドバイザーを多数招いており、その将来性の高さと、開発陣の本気度をうかがい知ることが出来ます。

    APPCをサポートするAptoideとは

    APPCの開発をサポートしているのがAptoideです。Aptoideとはサードパーティのアプリストアです。もっと簡単に言えば野良アプリがたくさん提供されている場所です。

    日本のようにインターネット環境や高品質なスマートフォンに簡単にアクセスできる国ではほとんど見向きもされませんが、インターネット人口が急増しており、それに対応できていない新興市場では頻繁に利用されています。

    AptoideではAndroid用のアプリが多数提供されており、そのユーザー数は2億人以上。70社を超える企業とのネットワークもあり、将来有望なアプリストアの一つです。実績豊富なAptoideのサポートを元に、APPCは今後さらに成長していく可能性が高いです。

    筆者が考えるAPPCの今後の将来性

    APPCの将来性は基本的には高いと考えています。一番の理由は、モバイルアプリ市場自体が拡大傾向にあることです。App Annieに行った調査によれば、2016年の世界の全モバイルアプリストアの市場規模は1.3兆ドルでしたが、2021年には6.3兆ドルになる見通しです。

    特にその市場の拡大を強力に支えると見られているのが中国を始めとするアジア太平洋市場です。カテゴリー別に見た場合はゲームカテゴリーが多いものの、今後は音楽ストリーミング、動画ストリーミング、マッチングアプリなどの台頭も期待されます。

    APPCは開発元にとって望ましいものであることもポイントです。多くのアプリ開発元がAPPCに魅力を感じてそちらに移れば移るほど、ユーザーにもその利便性や安全性も広まっていきます。その結果ユーザーが増えれば、それを見たアプリ開発者が更に入っていくという循環が出来上がります。

    一方、懸念点はどのようにして信頼を獲得していくのか、ということです。Google PlayやApp storeには現状多くの問題があるとは言え、それでもアップルやグーグルのような大企業が提供している事自体が品質保証になっていることは間違いありません。

    管理者が存在しないアプリストアというのは概念的にも理解しづらく、初期ユーザーをどのように取り込んでいくかが、今後の問題点となりそうです。

    APPCが日本に上場する可能性

    現状、APPCが日本に上場する見通しはありません。早めに仕込むならば、海外の仮想通貨取引所の利用をおすすめします。

    APPCが購入できる海外の取引所一覧

    • バイナンス
    • Huobi
    0 0

    この記事の共有はここから