APISの特徴や将来性、APISが購入できるおすすめの取引所

APISの今後の将来性とAPISが購入できるおすすめの取引所

APIS(apisplatform/エーピーアイエスプラットフォーム)の概要

通貨名称 APIS(apisplatform/エーピーアイエスプラットフォーム)
最大発行数 95億2000万枚
公開日 2018年2月
公式サイト https://apisplatform.io/
ホワイトペーパー

APISの特徴や目指しているもの

APISは、QTUMをベースとしたマスターノードを立てるためのプラットフォームおよび、そこで使用されるトークンです(本記事ではプラットフォームを「APIS」、トークンを「APISトークン」と記載しています)。

専門的な技術や知識がなければ立てられないことも多いマスターノードですが、APIS上では一般投資家でも簡単にマスターノードを立てて収益を得られます。対応通貨は現時点ではDASHなど3種類のみですが、今後イーサリアム(ETH)にも対応する予定です。

APISの仕組み

APISはこうした資金や知識が不十分な一般投資家でも、簡単にマスターノードを立てられる環境を作るプラットフォームです。その秘密は、1つのプラットフォーム上で、複数の通貨のマスターノードを立てられる点にあります。

一般投資家はAPISに対して投資をして、APISはそのお金を使ってマスターノードを立て、得られた収益を個々人に分配します。「多くの一般投資家から少しずつ出資を募り、得られた収益を配分する」というこの仕組みは、投資信託にも似ています。APISは完全匿名のプラットフォームであり、利用状況が第三者に公開される心配はありません。また、直感的に使用できるインターフェイスを採用していることから、操作も比較的簡単です。

APISトークンの役割

APISトークンはマスターノードになるための媒介手段、もしくはプラットフォーム手数料の支払手段として使用されます。

例えば、DASHのマスターノードになるためには、前述の通り1000枚以上のDASHを保有する必要がありますが、APIS上では、DASHの代わりにAPISを担保とすることによって、DASHのマスターノードになれます。

対応通貨は3種類、今後はETHにも対応

APISは2019年3月時点では、DASHとPIVX、SYSに対応しています。また、今後時価総額ランキング2位のイーサリアム(ETH)にも対応する予定です。対応する仮想通貨が増えるほど、投資先としての魅力がより高まることが期待できます。

APIS自体にもマスターノードの仕組みがある

APISトークンも、マスターノードの仕組みを採用しています。マスターノードになるためには最低5万APIS以上の保有が必要です。また、保有枚数を更に増やすと、より報酬が多くもらえるランク制度が採用されています。

  • ジェネラル:50,000APIS(ボーナス0%)
  • メジャー:200,000APIS(ボーナス5%)
  • プライベート:500,000APIS(ボーナス20%)

独自モバイルウォレットでラクラク投資

APISの開発チームは現在、独自のモバイルウォレットを開発しています。ここにAPISトークンを預け入れることによってマスターノードを立てられます。モバイルウォレットは直感的に操作できるものになっており、簡単に残高を確認したり、マスターノードを立てる通貨の選択や、投資収益率(ROI)の確認ができます。

APISの将来性

現時点では、判断が難しいです。APIS上でマスターノードになれるという仕組み自体はなかなか面白いかと思いますが、現時点では対応している通貨が少ないのが難点です。今後のさらなる改善に期待したいところですね。

APISが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

APISが購入できる海外の取引所一覧

  • Bithumb
  • Bit-Z
0 0

この記事の共有はここから