AMBの特徴や将来性、AMBが購入できるおすすめの取引所

Ambrosusの今後の将来性

AMB(アンブロサス)の概要

通貨名称 Ambrosus(AMB)
最大発行数 3億6,100万
公開日 2017年10月24日
公式サイト https://ambrosus.com/
ホワイトペーパー https://ambrosus.com/assets/Ambrosus-White-Paper-V8-1.pdf

AMBの特徴や目指しているもの

AMB(アンブロサス)は、「食品・医薬品の販売経路・成分の透明化を図り、消費者に安心を与える」ことを目的とする暗号通貨です。「食品と医薬品の品質」を公式サイトのトップにうたっています。スイスで開発されているイーサリアム(ETH)を用いた暗号通貨です。

食品や医薬品は直接体内に入れるもの。食品や医薬品が安全かどうかに関心を持つ人はとても多いです。野菜や牛肉に「○○産」や「○月×日製造」というように、少しでも多くの情報があると消費者は安心します。医薬品でも成分や生産場所、生産者が分かった方がいいという気持ちは食品と同じです。

ブロックチェーンの特徴の一つに「透明性」があげられます。この特徴を生かして、食品と医薬品を安全なものであると消費者に伝えるという画期的な暗号通貨がAMB(アンブロサス)なのです。
》ブロックチェーンについてもっと詳しく知りたい方はこちら

食品業界と仮想通貨技術の関係

サプライチェーン

サプライチェーンとは、製品やサービスが原料から消費者の手に届くまでの工程のことです。AMBはすべての商品の流通、工程、品質を高度な技術により完全にコントロールするサプライチェーン2.0と呼ばれるシステムをもちいて、サプライチェーンの可視化を実現しようとしています。

この技術が普及すれば、消費者は安心して商品を購入できるようになる一方、生産者はデタラメな商品を売ることはできないので、生産者のモラル向上や商品の品質改善にも期待できます。

センサーシステム

AMB(アンブロサス)はそれぞれの商品に個別に重複しないタグを取り付け、商品をリアルタイムで監視することで、製品の保存環境や状態に問題がないかをチェックします。

商品のデータかいざんや故意的に商品を破損させる、有毒な物質を添加する、といった悪質な行為の防止も実現させ、犯罪の予防にも一役買っている、というわけです。

採取されたデータは蓄積・分析され、品質向上や問題解決に利用されます。さらに、保存状態を記録することで、目視では分からない食品の痛みや破損状態を知ることもできるようになり、食中毒などの事故を防ぐことも可能です。

一つ一つにタグをつけて監視するということは、一昔前までは現実的でないと思われていましたが、ブロックチェーン技術により、実用化も間近と考えられています。

ブロックチェーンプロトコル

AMB(アンブロサス)が目指しているサプライチェーンを実現するためには、拡張性があり柔軟なプロトコルが必要です。それを可能にしたのが、スマートコントラクトの技術です。

前述の通り、Ambrosusは各商品一つ一つにタグをつけてセンサーで状態を監視しています。このセンサーから採取したデータを使い、問題点を自動で修正できるだけでなく、価格設定も自動でできます。

たとえば、古くなった食品や季節外れの製品は価格を安く設定したり、風邪が流行っていたら風邪薬の価格をあげたり・・・といったことが可能になるかもしれません。

直取引

AMBはスマートコントラクトを利用しています。スマートコントラクトを利用することで生産者と消費者が直接取引することが可能になります。通常、流通では間に仲介業者が入ることが一般的です。そのため原価に対し、仲介業者が儲けを上乗せしていくので、消費者が払う金額が高くなってしまうのが通常の流通です。

スマートコントラクトを利用することで、無駄な仲介料を払わなくて済むことは消費者にとって大きなメリットの一つ。また、消費者が生産者を選べるという点も消費者側のアドバンテージです。

分散型汎用性

分散型汎用性とは、PCやスマートフォン、タブレットなど、異なる端末からアクセスしても一貫して同じ情報を利用できるという考えかたです。商品を購入するときにスマホで詳細な情報を確認できることは、もはや当たり前。AMBを導入することで、食品でも分散型汎用性に対応できるのです。

AMBトークンの使い道

AMBのトークン、Ambrosusはシステム全体を運営・運用するために使われます。スマートコントラクトや、データへアクセスするための燃料のようなものです。一消費者としては、トークンを所持しておけば、株を持っているようなもので、直接トークンを利用して何かしなければならない、ということはなさそうです。

AMBに出資している企業

さまざまな企業が協賛・サポートしていますが、注目すべきは、国連(国際連盟)が協賛団体に加わっていることです。食や医薬品の安全に関わるAMBに国連が注目しているということは、特筆すべきことではないでしょうか。

そのほかには、スイス連邦工科大学(EPFL)やエンタープライズ・イーサリアム・アライアンス(EEA)、日本からはトヨタやKDDIも参加しています。

筆者が考えるAIONの今後の将来性

食や医薬品の安全というテーマが普遍的であることや協賛団体に国連が名前を連ねていることにより、大きなニーズはあるでしょう。日本でも集団食中毒はまだまだありますし、食品偽造問題も話題になりました。食品は人間が生きていく上でなくてはならないものです。市場規模も大きく、将来有望な通貨です。

しかし、競合の存在も無視できません。食品偽造を防止する「WaBi」や、食の安全を守る「CBT」といった通貨も魅力的です。食はニーズが大きい分野なので、更なる類似通貨の登場も考えられます。

価格の変動をみると今までも大きな盛り上がりもなく、2018年3月時点で50円前後を行ったり来たりしています。

ロードマップ(計画表)によると2020年春には本格的にリリースされる様子。スケジュールがとてもこまかく記載されています。技術力の高さ、計画性の確かさを感じますが、前述の理由により安易に「買い」とは言えないので、しばらくは様子を見たほうがいいと思います。

AMBが日本に上場する可能性

いまのところ、AMBが日本の取引所に上場するという情報はありません。暗号通貨全体の中でも140位あたりなので、日本でもそれほど注目されている感じではありません。バイナンスなど海外の取引所で購入しましょう。

AMBが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから