AIDOCの今後の将来性とAIDOCが購入できるおすすめの取引所

AIDOC

AIDOCの概要

通貨名称 AIDOC
最大発行数
公開日 2017年12月
公式サイト http://www.aidoc.me/
ホワイトペーパー

AIDOCの特徴や目指しているもの

AIDOCは、イーサリアムをベースとした医療プラットフォーム「AI Doctor」上で使用されるイーサリアムベースのトークンです。各個人は専用のアプリを使って健康に関する情報を入力し、そこから病気のリスクなどを知ることができます。

十分に活用されない医療データの現場

医療に関するデータは現状でもすでに十分と言えるほど蓄積されていますが、残念ながらそれが十分に治療に活用されているとは言えません。データがバラバラに、不統一な状態で点在しているからです。

こうした医療データの散在は患者にとってはもちろん、医師や医療機関、製薬会社などにとっても望ましくないことです。データがまとまった形で蓄積されていれば、診察や治療、あるいは研究はもっとスムーズになるはずです。AI Doctorはこのようなニーズを満たしてくれるプラットフォームです。

AI Doctorの仕組み

AI Doctorは、イーサリアムベースのプラットフォームです。各ユーザーは、専用のアプリを用いて自身の健康情報を随時入力していきます。その健康情報はブロックチェーン上に記録されます。そのため、データの改竄はまず不可能であり、各ユーザーは正確なデータに基づいて病気のリスクを計測できます。

また、AI Doctor上では自身のデータを売買することも可能です。これまではただ病院に保存されるだけだった医療データに、価格がつくようになったのです。そのデータを買うのは医療機関や製薬会社などです。これらの機関にとってまとめられた医療データというのは非常に有益なものなのです。

筆者が考えるAIDOCの今後の将来性

現時点では、それなりに期待しています。医療とブロックチェーンの組み合わせというのは、やはりいろいろな点で優秀です。それゆえにライバルとなるプロジェクトが多いのは気がかりですが、分散投資先としては悪くない選択肢だと思います。

AIDOCが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらから購入するといいでしょう。

AIDOCが購入できる海外の取引所一覧

  • AllCoin
  • COINBIG
  • Huobi
0 0

この記事の共有はここから