AEの特徴や仕組み、今後の将来性まとめと購入できる取引所

AEの今後将来性

AE(エターニティ)の概要

通貨名称 AE(aeternity)
最大発行数 2億7400万枚
公開日 2016年12月29日
公式サイト https://www.aeternity.com/ja
ホワイトペーパー https://aeternity.com/aeternity-blockchain-whitepaper.pdf

AEの特徴や目指しているもの

AEは、イーサリアムをベースに作られたAeternityというプラットフォーム上で使われる仮想通貨です。基本的なコンセプトは継承しつつ、新たな機能を付け加えたり、従来の課題を解決したりすることによって、より高機能な仕組みを実現しています。将来的にはスマートコントラクトを用いたDApps(分散型アプリ)を展開する予定です。

イーサリアムの強みと問題点

イーサリアムとは、2019年1月3日時点で時価総額3位につけている仮想通貨です。正確に言えばイーサリアムはプラットフォーム名であり、その中でEtherという仮想通貨が使用されるのですが、多くの取引所では便宜上イーサリアムを仮想通貨名として取り扱っています。

イーサリアムの最大のメリットは、スマートコントラクトを搭載していることです。スマートコントラクトとは、契約を自動で実行するための仕組みのことです。これを使えば、従来のような面倒な契約書の取り交わしや第三者の介入なしに、安全に取引ができるようになるのです。
》スマートコントラクトについて詳しく知りたい方はこちら

一方で、イーサリアムのスマートコントラクトには問題点もあります。イーサリアムの一番の問題点は、現実世界の情報をスマートコントラクトに落とし込むのが難しいことです。
また、イーサリアムでは膨大な情報をブロックチェーン上に書き込み、またすべての取引の段階を記録するため、ブロックの容量が枯渇しやすいのも大きな問題点です。ブロックの容量が枯渇すれば取引が詰まり、取引にかかる時間も長くなってしまいます。このように、ブロックのサイズが不足することによって発生する問題を「スケーラビリティ問題」といいます。

AEはこうした問題点を解消し、スマートコントラクトをより身近なものにするプラットフォームです。従来のイーサリアムのメリットは残しつつ、様々な工夫で問題点を解決しています。

AEの基本的な仕組み

AEの基本的な仕組みはイーサリアムと同じですが、より使いやすくするための様々な工夫が施されています。イーサリアムと比べて外部情報との接続が容易で、軽量かつ高速で、おまけにスマートフォンでもマイニングできます。

スマートコントラクトを迅速に実行

AEはオフチェーン、つまりブロックチェーン外でスマートコントラクトを実行することでスケーラビリティ問題を解決します。トランザクションの並列処理を実現し、スマートコントラクトの処理速度を飛躍的にあげることができるというのが大きな特徴です。

スマートフォンでもマイニングできるシステム

AEはコンセンサスアルゴリズムに「Cuckoo Cycle」を採用しています。コンセンサスアルゴリズムとは簡単に言えば、ブロックの生成(取引の記帳)とそれに伴う報酬受取の権利を誰に与えるか、についてまとめたルールブックです。

ビットコインを筆頭に最も多くの仮想通貨で採用されているのがPoW(Proof of Work)です。PoWは簡単に言えば計算競争です。世界中のコンピュータが同時に難しい計算を行い、最も早くそれを解いたものにマイニングの権利が与えられます。

この仕組みはハッキングに強い半面、計算能力が高いコンピュータでないとマイニングに参加できず、その結果マイニングの寡占化が起こりやすいという欠点も抱えています。消費電力量も多く、環境にもよくありません。

PoWに次いで有名なのがPoS(Proof of Stake)です。これは仮想通貨の保有量によってマイニングの権利を割り振るシステムです。多額の通貨を保有している人には高い頻度で、少額の通貨を保有している人には低い頻度で、それぞれマイニングの権利が与えられます。通貨を保有していなければ、マイニングの権利は与えられません。

この仕組みは計算競争ではないのでマイニングの寡占化が起こりづらく、消費電力量も少ないというメリットがあります。一方で通貨を貯め込むことにメリットがある仕組みであるため、通貨の流動性が妨げられるという欠点もあります。

そして、Cuckoo Cycleはこの2つのコンセンサスアルゴリズムを融合した新しいシステムです。この仕組みの優れているところは、スマートフォンのような計算能力が低めのコンピュータでもマイニングできることです。

純粋なPoWを採用しているビットコインは誕生以降、マイニング難易度が右肩上がりを続けており、強力な計算能力を持つASICというコンピュータでなければまともにマイニングができなくなってしまい、マイニングの寡占化が進んでしまいました。現時点ではいくつかの巨大マイニンググループが市場を占めており、十分な分散化が果たされていません。計算能力の向上に伴い消費電力量も増加し、環境に与える負荷も無視できないものになってきました。

一方、Cuckoo Cycleはスマートフォンのような消費電力量の少ないコンピュータでも十分にマイニングできるため、マイニングの寡占化は起こらず、消費電力も少なく抑えられます。

分散化されたオラクルシステム

オラクルとは、ブロックチェーンの外部に存在する情報を、ブロックチェーンの内部に入れてくれるシステムです。ブロックチェーンとインターネットを橋渡ししてくれるプラットフォームともいえます。

スマートコントラクトを上手に活用するためには、ブロックチェーンの外部に存在する情報を、スムースにその内部に入れる必要があります。

例えば先程の住宅ローンの契約の場合は金利や災害などの外部の情報をスムースに入れられないと、契約に支障が出てしまいます。これをやってくれるのがオラクルです。

オラクルには1つの管理主体が管理する「集中型オラクル」と、特定の管理主体が存在しない「分散型オラクル」が存在します。集中型オラクルは管理主体が1つであるため通常時は効率的に管理される反面、ハッキング対策に費用がかかり、万が一ハッキングされた場合に膨大な損失を被るという欠点があります。

一方、分散型オラクルはハッキングに強い反面、分散型オラクルを維持する人たちに支払われる報酬(ビットコインで言うところのマイニング報酬)がないため、システムそのものが成立しづらいという欠点があります。Aeternityは分散型オラクルを採用しています。

万が一何らかの問題が起きた場合には、投票によって対応を決定します。

ステートチャネルでブロックチェーンの軽量化・高速化を実現

Aeternityのもう1つの大きな特徴がステートチャネルです。これは一部の処理をオフチェーン(ブロックチェーンを使わないシステム)で処理することによって、メインチェーンに掛かる負荷を削減し、その結果ブロックチェーンの軽量化・取引の高速化を実現しようという考え方です。

イーサリアムはすべての取引の段階をブロックチェーン(メインチェーン)のブロック上に正確に記載するため、どうしてもブロックの容量が圧迫されがちです。一方、Aeternityは最終的な結果のみをブロックチェーンのブロック上に記載し、それ以外の事柄については全てオフチェーンとします。そのため、ブロックチェーンがずっと軽くなります。

また、結果以外はブロックチェーンに記載されないため、プライバシーも簡単に保護できます。利用者の利便性と安全性を同時に確保できる、一石二鳥の仕組みと言えるでしょう。

筆者が考えるAEの今後の将来性

現時点では、なかなか将来性があると見ています。一番大きな理由は、イーサリアムが抱えていたスマートコントラクトのトランザクション処理の問題をオフチェーンで行うことで克服したという点です。またスマホでマイニングができるというできる、という点もキャッチーで話題性があります。

時価総額ランキングも常時50位前後につけており、Twitter(https://twitter.com/aeternity)も頻繁に稼働しています。投資先の1つとして、十分選択肢に入り得ると言えるでしょう。

AEが日本に上場する可能性

各国の大手取引所で購入はできますが、今のところ日本の取引所に上場するというような情報はありません。
現在、AEに出資している日本企業がないので上場する可能性はなんとも言えません。しかし、注目している日本の投資家も多いので、どこかの企業が大々的に出資してくれれば、日本の取引所でも取り扱いを始めるかもしれません。

AEが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • gate.io
  • Liqui
  • Coinbene
0 0

この記事の共有はここから