ABTの今後の将来性とABTが購入できるおすすめの取引所

ABTの今後の将来性とABTが購入できるおすすめの取引所

ABTの概要

通貨名称 ABT
最大発行数 1億8600万枚
公開日 2018年2月
公式サイト https://www.arcblock.io/
ホワイトペーパー

ABTの特徴

ABTは、第1世代のビットコイン、第2世代のイーサリアム等に次ぐ、第3世代の仮想通貨です。ABTのブロックチェーンであるArcblock上ではスケーラビリティ問題をはじめとする既存のビットコインの問題点の多くを解決できます。

基本的な機能はイーサリアムに類似していますが、Arcblockは異なるブロックチェーン同士を接続できるという特徴があります。

ブロックチェーン進歩の歴史

ブロックチェーンはもともと、サトシ・ナカモトを名乗る正体不明の人物が、ビットコインの仕組みを成立させるために開発したものです。このブロックチェーンは、「ブロックチェーン1.0」、あるいは「ブロックチェーン第1世代」と呼ばれます。

この仕組みのもとでは、ブロックの中には個別取引の情報、要するに「誰が」「誰に対して」「いつ」「いくら」ビットコインを送ったかが記録されます。これだけでも画期的な技術ではありますが、もともとビットコインを成立させるものとして作られていたため、この時点では個別取引以外の情報は入れられるようになっていませんでした。

ブロックチェーン2.0の誕生とその課題

ビットコインの価格上昇に伴い、ブロックチェーンという技術の有用性が広く知られるようになると、この技術を契約などのより広い、通貨以外の分野にも応用しようという動きが生まれ始めました。

ブロックチェーンは「ハッキングが困難」で「管理者が不要(管理者に改ざんされるリスクもない)」技術です。データを安全に保管する上では非常に優秀と言えます。この性能に目をつけたブロックチェーン2.0の中でも代表的なのがイーサリアムです。

ビットコインにはないイーサリアムならではの特徴として、契約を自動で安全確実に実行する「スマートコントラクト」を搭載していることが挙げられます。

両者が合意のもとにブロックチェーンのブロック上に契約の内容とそれが実行される条件を記載すると、その条件が満たされると金銭や権利などの移動が発生して契約が執行されます。

イーサリアム上では、誰もが自由に分散型アプリ(DApps)を開発・提供できます。これは、Google PlayやApp storeのようなストアにコントロールされない自律的なアプリであり、開発者と消費者の双方に大きなメリットをもたらします。

ただ、ブロックチェーン2.0にも問題はあります。一番の問題点は、異なるブロックチェーンの間で互換性がないことです。そのため、例えばビットコインしか持っていない人がイーサリアムを使うためには取引所で両替する必要があります。現状、すでに数千種類を超える仮想通貨が発行・流通していますが、そのほとんどには互換性はありません。

このような問題の解決を目指して作られたのがブロックチェーン3.0のArcbolckです。

異なるブロックチェーンを接続するArcblock

Arcblockは、異なるブロックチェーン上でもアプリが動作する「オープンチェーン」でアクセスできるようにするプロトコルです。オープンチューンを導入することにより開発者は楽にアプリが作れますし、ユーザーは面倒なルールを把握することなくアプリを使えます。開発者は報酬としてABTトークンを得られるため、トークンを目当てに開発者が増えれば、ABTの価値も非常に上昇します。

Arcblockはオープンチェーンの仕組みを最大限活用することによって、ブロックチェーン上に存在しているさまざまな資産や契約を一元管理することを目指しています。

筆者が考えるABTの今後の将来性

現時点では、判断が難しいです。面白いプロジェクトではあるのですが、その目標が異なるブロックチェーンの接続とかなり壮大であるため、実現可能性については正直あまりないと思っています。

ABTが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

ABTが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから